友人の居場所を見つけて内容証明で借金を取り戻した体験談

友人の居場所を見つけて内容証明で借金を取り戻した体験談

  • はてな

「貸すのならあげたつもりで」といわれる友人間のお金の貸し借り。それでも返してもらえないとしたら辛いですよね。しかも相手と連絡が取れなくなると金額によってはこちらの家計にも関わってくる一大事です。もし友人の居場所がわからなくなってしまったらどうすればいいのでしょうか。

お金の画像

「貸すのならあげたつもりで」といわれる友人間のお金の貸し借り。それでも返してもらえないとしたら辛いですよね。しかも相手と連絡が取れなくなると金額によってはこちらの家計にも関わってくる一大事です。もし友人の居場所がわからなくなってしまったらどうすればいいのでしょうか。

電話をしても貸した相手が出ない

Aさんは社会人サークルで知り合った友人に30万円を貸しました。どうしても家族が病気をして入院費に必要だと泣きつかれてきたAさんは、数年来の付き合いで信頼もしていたこともあり一度だけとお金を貸してあげました。期限は3ヶ月後のボーナス時にまとめて返すという条件でした。返済の期限が過ぎて友人に連絡をしようとすると、以前は連絡が取れていた電話番号が使えなくなっています。住所も勤務先もだいたいしか聞いていなかったので直接取りに行くのも難しくAさんは途方に暮れてしまいました。

内容証明が一番効果的だが

借用書をもらっているのなら借金の証拠として行動しやすくなります。相手の住所がわかっている場合は返済をして欲しい旨をきちんと文章にして内容証明郵便で相手に送るのがもっとも効果的です。内容証明郵便はそれ自体は法的拘束力はありませんが、今後の出方次第では法的処置も辞さない構えを相手に見せることができ、心理的に相手を圧迫しやすくなるからです。

相手の住所を見つけられるかがポイント

ただ、相手と連絡が取れなくなってしまったり引っ越しして居場所がつかめない場合だと、自分で探し当てるのは困難といえるでしょう。
そんなときは探偵事務所に調査を依頼して、知っている限りの情報から探偵に尾行調査をしてもらうと早ければ即日結果が出ます。

住所が見つかり内容証明で解決

Aさんの場合は探偵に依頼して住所が判明し、すぐに内容証明を郵送しました。すると、大事にしたくないと思った友人はすぐに現金書留で30万円を返済してきました。
このように探偵を使って住所を突き止めてもらうことで多くの借金問題の糸口が掴めるようになります。

友人の居場所を見つけて内容証明で借金を取り戻した体験談