夫や妻、恋人のfacebookから浮気・不倫を見破る5つの方法

夫や妻、恋人のfacebookから浮気・不倫を見破る5つの方法

  • はてな

夫や妻、彼氏や彼女のfacebookから、浮気を見破る方法を探偵がご紹介します。実は、facebookは自分で浮気調査をするのに最適なSNSなんです。本人の投稿や写真、友だちリスト、いいねをしている人など、様々な角度から、妻の浮気・夫の浮気を見破りましょう。

浮気調査の相場と費用を安くする7つの方法

遠くにいてもいろいろな人とつながるフェイスブック。しかしふと気がつくと、夫や妻、恋人がフェイスブックにアップしている画像や日記に不審な点が見える時があります。以前からあやしいと思っているのなら、フェイスブックから浮気や不倫を見破れるかもしれません。誰でもできる方法が5つありますので、気になる方はぜひチェックしてください。

1.配偶者や恋人に、いいね!をつけまくる人がいないか

まず、フェイスブックのアカウントは持っていますか?まだなら、ぜひとも作りましょう。フェイスブックは実名登録なので、アカウントを作ったことを配偶者や恋人に隠しておくことはむずかしいのです。配偶者や恋人の名前で検索をしてページを見に行ったら、すぐにわかってしまうからです。しかし、自分もフェイスブックに自由に入れないとチェックのしようがありませんから、まずはアカウントの作成を第一にしましょう。

アカウントを作ったら、配偶者や恋人のページを見に行きます。facebookにはプライベートの写真やコメントなどがアップされています。これをよく見てくだしあ。日記の内容や写真も大事ですが、タイムライン上でひんぱんに「いいね!」をつけている異性はいませんか?こういう人は、たいていコメントを残しています。コメントの内容は要注意です。コメントの雰囲気がいかにも親しげだったり、一緒に出かけたようだったりしたら、相手のアカウントをチェックしておきましょう。

2.タグ付けされた情報や写真を見る

気になる相手が出てきたら、もうすこし突っ込んで調べてみるべきでしょう。配偶者や恋人のページを見る時に、タグ付けされた画像がないか探します。タグ付けというのは、その写真に含まれている人が誰なのかをわかるようにした機能です。これで、もしもあなたの夫や妻、恋人が画像をアップしていなくても、一緒にいった相手によって行動がばれる可能性があります。

相手が写真をタグ付けしていれば、自動で配偶者や恋人のタイムラインに出てしまうのです。恋人や配偶者がどれほど気を使っていても、相手の不注意から行動がばれてしまうことがあるんですね。タグ付け機能はフェイスブックやSNSに慣れていない人にとっては、意外と盲点です。あまり気にせずに使っていることもあり、ここから浮気・不倫が発覚することもあります。

3. 投稿画像から見破る

フェイスブックに堂々と浮気相手とのデートの写真をアップする既婚者はいません。しかし、写真には本人が意図しないでも入ってしまうものがあります。たとえば、同性の友人と飲みに行くと言って出掛けた翌日、フェイスブックにアップしてある写真が、あまりにも普段とはちがう雰囲気のお店だったら、ひょっとするとデートかもしれません。男性同士で飲みに行っているはずなのに、写真ではシックなフレンチやイタリアンのお店だとしたら、おかしいですね。

居酒屋やバーの写真でも、グラスやお皿に添えられている指や手が、あきらかに異性のものなら、これもおかしい。さらにここで、以前からあやしいと思っている人のページも合わせてチェックしましょう。近い日付の公開写真に、同じようなテーブルクロスがうつっていませんか?あるいは、同じ観光スポットにいった写真があれば、一緒にいっている確率は上がりますね。

4. 夫の周囲の人のページを見る

配偶者や恋人のページをチェックしても、あやしい点は何もない。安心かと言えば、そうでもありません。友人や知人のページも見てみましょう。会社の同僚や日ごろから仲よくしている友人、趣味のつながりの人などがフェイスブックをやっていませんか?こういう時に、フェイスブックの実名登録が生きてきます。自分のアカウントから名前さえ入力すれば、フェイスブックに登録している同名の人のページが、ずらっと出ます。その中からお目当ての人を見つけて、ページに入ってみましょう。

友人・知人の行動とともに配偶者や恋人の行動が、なんとなく見えてきます。もしも配偶者や恋人は「今週末、○○と飲みに行くから」といって出掛けたのに、本人のページに「週末はディズニーランド!」なんて書いてあれば、矛盾が出てきます。これは、友人がデートの隠れみのにされているということですね。デートと断定できなくても、少なくともその週末の配偶者や恋人の行動は、本人が言った通りではない、ということになります。

5. 浮気相手らしき人に友達申請をする

こうやって地道にフェイスブックを調べていけば、どうしても浮気相手ではないか、と思える人に当たることがあります。こうなったら、素知らぬふりをしてその人に友達申請をしてみましょう。相手もこちらも実名で登録してありますから、既婚者の場合は名字から「もしかしたら奥さんかも」と警戒されることがあるかもしれません。

しかし、意外とすんなり申請が通ることもあります。もし通ったら、こちらとしては浮気相手のページからも行動をチェックでき、配偶者や恋人のページからもダブルチェックすることができます。フェイスブックは実名登録ですから、見ているうちに、相手が何歳くらいでどんな職業か、どのあたりに住んでいるかなどを推測することもできます。浮気相手の特定に、かなり近づいたと言えますね。

まとめ:夫や妻、恋人のfacebookから浮気・不倫を見破る5つの方法

「浮気や不倫が発覚するのは、スマホの通話履歴やメール、LINEの内容を見られるからだ。」こう信じている人が多いので、SNSは非常に盲点です。ただし、facebookから浮気や不倫の証拠をつかむには、かなりの時間と労力が必要です。しかも決定的な証拠にはなりません。

もしそれほどの労力をかけられないなら、探偵などの専門の調査会社に浮気調査を依頼するほうが、結論は早く出るでしょう。浮気相手の名前や住所、勤務先なども分かる確率が高くなりますよ。

旦那や妻の浮気の証拠写真を
手に入れたい方は必見!

浮気調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
夫や妻、恋人のfacebookから浮気・不倫を見破る5つの方法