リベンジポルノ被害を受けたら…対策と解決方法とは?

リベンジポルノ被害を受けたら…対策と解決方法とは?

  • はてな

ネット上で異性の裸やあられもない姿を晒すリベンジポルノ。犯罪としても年々増えてきていて、問題視されています。リベンジと言うくらいですから、腹いせにアップするようですが常識的に考えられない行為ですね。秘め事は二人の間にあるからこそ美しいのですが、ネットに晒すとなると下品極まりなく品性を疑う行為でもあります。もし自分がそんな被害にあってしまったら・・・そしてもしそんな被害合うような気がするなら、これからの話をよく読んでください。あなたの苦しみを取り去る為の予防と解決策をまとめました。

[upload]86ecdb3819d81002ae552fea13fc4aa1_s

ネット上で異性の裸やあられもない姿を晒すリベンジポルノ。犯罪としても年々増えてきていて、問題視されています。リベンジと言うくらいですから、腹いせにアップするようですが常識的に考えられない行為ですね。秘め事は二人の間にあるからこそ美しいのですが、ネットに晒すとなると下品極まりなく品性を疑う行為でもあります。もし自分がそんな被害にあってしまったら・・・そしてもしそんな被害合うような気がするなら、これからの話をよく読んでください。あなたの苦しみを取り去る為の予防と解決策をまとめました。

リベンジポルノとは

裸の写真や行為の写真、下着等『恋人同士で撮影した』『自撮りでパートナーに渡した』写真やビデオ等をインターネット上にアップして閲覧できるようにする行為です。腹いせや金銭目的等理由は様々ですが考えられないような行為です。自分では知らない内に撮影されていた『盗撮』もあるので話になりません。撮らなければ良いの問題ではなく、リベンジポルノを想定した盗撮が増えている事も問題になっています。また、自撮を安易に知らない相手に渡すことも安易と言いますか・・・危機感が薄いようです。

何故撮影して渡すのか

年配の人なら『どうしてそんなものを撮るのか・渡すのか理解が出来ない』と呆れますが、恋愛中はどうしても熱に浮かされているので正常な判断力に欠けてしまいます。女性の被害者が多いのですが、中には男性がリベンジポルノ被害に合うこともあります。

『好きだから』『秘密にしていると信じてる』『浮気防止に』など色んな理由があるようですが、顔が映っているものは個人情報として扱われます。自ら個人情報を写真にして渡しているのですから『お前が送った』としらを切られてしまえばそれまでです。『好きなら送れるよな』こんなくだらない言葉に騙されてはいけません。誰かに見られるかも知れない可能性があるものを渡すのは危険です。

ネット上の付き合いでガードがゆるむ

犯罪で多いのは、ネットで知り合い盛り上がった挙げ句に裸や下着の写真をネットに晒されてしまものがあります。相手を女性と信じていたり、顔が見えないのでついついフランクに考えてしまい勢いで渡してしまうことも。『女同士だから』『ダイエット成功したの?みたい!』等と巧妙な手口で写真を受け取ろうとします。写真が当人なのか、また真実を話しているかはネット上で判断する事はとても難しい事です。

うかつな行為がトラブルに発展し、ストーカーされた挙げ句にリベンジポルノでは自己責任といっても悲しすぎます。撮らない・渡さない事が一番大切ですから、いくら彼氏でもパートナーでも絶対に渡してはいけません。渡した事で『あれはどうなってるんだろう』と悶々とする日々を過ごすなら、きっぱりと渡さない勇気を持ちましょう。

リベンジポルノ被害を受けたらすぐにやること

ネットで公開された場合には、プロバイダー経由やサイト経由で削除要請が出来ます。拡散を防ぐ為には、直ぐに警察に通報しましょう。警察にはサイバー警察部がありますので、そちらに連絡を取れば直ぐに対象してもらえます。

1、困ったら探偵に頼ろう!!

自分がデータを削除しても、相手のパソコンやスマホに残る限りは自分が忘れた頃に流出する事もあります。画像の削除要請だけでなく、相手を特定したり損害賠償請求をする事もできます。未成年の場合には刑事告訴も可能になるので、あきらめてはいけません。探偵事務所ではネット上の画像の出所から相手を特定する調査も行えます。

相手が知人であれば弁護士を通して、画像の削除や損害賠償請求に移りますが、特定出来ない場合にはネット調査により相手を特定する事も可能です。デリケートな問題ですから、踏み込める範囲は狭くなりますが泣き寝入りすることは相手をつけあがらせてしまいます。犯罪要素があるようなら、警察や弁護士への相談も勧めます。一人で悩むよりも、きちんと手続きをとって解決していくべき問題ですから、相談してください。

2、写真が欲しいと言われたら

どんなに信頼している相手であっても、裸や下着の写真を渡してはいけません。そのような写真が流用されたら、どんな事になるかは落ち着いて考えれば誰でも解ります。ところが恋におぼれてしまうと、相手の言うことは全てが『自分を愛するが為の事』と勘違いしてしまうようです。愛とは相手を思いやり慈しむ事で、恥ずかしい写真を見て楽しむものではありません。

その様な事を平気で愛だと押し付けるような人とは、縁がなかったと別れる方がましです。夫婦であろうが、そのような写真があればついネット公開してしまうのが現代なのです。悪気はない・・・そんないいわけが通用するレベルではないので、くれぐれも自撮りして渡さないようにしましょう。

まとめ

犯罪にもなっているリベンジポルノですが、未だにネットではこの様な流出が相次いでいます。悪質なリベンジポルノは一生心に傷を負わせてしまうもの。渡さなければ・撮らなければ起こらない事件は自分で未然に防いでください。

リベンジポルノ被害を受けたら…対策と解決方法とは?