まさか盗聴器が家に!?そんな時にすべき3つの事とは?

まさか盗聴器が家に!?そんな時にすべき3つの事とは?

  • はてな

ドラマの中ではお馴染みの盗聴器ですが、まさか自分の自宅にあるとは誰も想像すらしないものです。盗聴により生活パターンを他人に知られてしまうので、ストーカー被害や泥棒に入られたり生活被害を受けてしまいます。もし自宅に盗聴器が仕掛けられていたら私達はどうやって身を守らなくてはならないのでしょうか。

48700d1d8be6c33d6fff4e4c1baeb25a_s

ドラマの中ではお馴染みの盗聴器ですが、まさか自分の自宅にあるとは誰も想像すらしないものです。盗聴により生活パターンを他人に知られてしまうので、ストーカー被害や泥棒に入られたり生活被害を受けてしまいます。もし自宅に盗聴器が仕掛けられていたら私達はどうやって身を守らなくてはならないのでしょうか。

盗聴の危険性

庶民には関係が無さそうな盗聴。実はテレビや映画の中だけでなく、身近なところにそれは潜んでいます。
自宅に盗聴器が取り付けられている場合、殆どが身内による事が多く『浮気調査』『子供のイジメの証拠集め』『親族や家族の遺産準備』である事が多くなります。友人や知人がストーカー行為で設置する事もありますが、自宅に取り付けるのは中々難しいと思います。最近の盗聴の多くは家族や知人によるものである事が多いのです。盗聴器は簡単に手に入り、簡単に設置する事が出来るので、色んな人が自分のプライベートを覗き見出来るような世の中になっているのです。

こんな兆候に注意!

盗聴されているかも?と気づくには何かしら兆候が自宅に現れます。特に電化製品は影響を受けやすいので、テレビや固定電話のノイズには注意してください。コンセントやプラグも覚がないようなものは危険度も高くなります。他人に言っていない秘密が漏れているような場合には盗聴を疑うべきなのです。

もしかして盗聴されていると感じたら!!

1、他人に盗聴器があることを知らせない

誰も知らない秘密がバラされている。帰って直ぐに電話が掛かる・・・怖いですよね。気のせいではすまされない事態になれば、早くに盗聴器を取り外したいものです。大体は家族に盗聴器の存在を教えてしまいますが、『誰が仕掛けたか分からない盗聴器』の存在は身内でも話してはいけません。

家族や恋人が盗聴器を仕掛けていないと言い切れますか?他人が盗聴器を仕掛けられる確率は非常に少なく、半数は身内による事が多いのです。家族や恋人に相談して、もし仕掛けた相手なら早々に盗聴器は取り外されてしまいます。そうなると犯人はうやむやになり、再び盗聴の恐怖に怯える事になります。

2、対策を考える

自宅がマンションやアパートの場合には、大家による盗聴や両隣・上下の部屋の住人がコンクリートマイクで盗聴している場合も考えられます。会話を聞かれたくないのなら、ラジオやオーディオをつけたり、壁際に家具を置いて壁から音が伝わらないようにもできます。電話も子機を使うなどして、盗聴しにくい環境を作る事が大切です。

3、探偵事務所に依頼する

最近の盗聴器はハイテクになり性能や技術も高いので、自分で探し出す事が非常に難しくなってきました。有名なものはコンセントですが、最近のものはボールペン式でもあるので、益々発見しにくいのです。探偵は盗聴手口の知識も高く、最近の盗聴器にも詳しいです。経験がある探偵に相談して早期に解決しましょう。

盗聴調査は探偵に任せよう!

盗聴器の発見依頼は、警備会社や電気設備会社、探偵事務所となります。盗聴の専門会社もありますが、一般的に知られていない事もありますし『何故盗聴器が仕掛けたか』を調べる上では探偵事務所が最適です。盗聴器を外しても、犯人が不明である限り何度でも盗聴器を仕掛けられてしまいます。盗聴は犯罪です!たとえ素行や浮気調査でも個人が他人のプライベートを覗く事は罪になってしまいます。ストーカー被害を生み出さない、家族関係を修復する意味でま『盗聴した犯人』を追求できる探偵事務所が一番でしょう。

まとめ

盗聴されれば誰もが人間不振になってしまいます。盗聴する相手にも非はありますが、場合によっては盗聴されている自分にも非がある事もあります。早期に発見して穏やかな生活をする為にも盗聴器は早く見つけて取り外しましょう。

まさか盗聴器が家に!?そんな時にすべき3つの事とは?