iPhoneから自分で浮気調査をして夫や妻の不倫を見抜く5つの方法

iPhoneから自分で浮気調査をして夫や妻の不倫を見抜く5つの方法

  • はてな

最近、夫や妻がiPhoneを肌身離さず持ち歩いていませんか?トイレや脱衣所までiPhoneを持ち込んでいたら要注意です。夫や妻のiPhoneの扱い方や使い方、iPhoneの中身やLINEから、自分で浮気調査する方法を探偵が紹介します。これをみればあなたも簡単に浮気を見破ることができます。

浮気調査の相場と費用を安くする7つの方法

旦那や妻が浮気をしているかもしれないと心配な人や、確実な浮気の証拠が欲しい人に朗報です。あなたのパートナーがiPhoneを使用しているなら、そのiPhoneを使って、さまざまな浮気調査をする方法があるのです。

こちらの記事では、ご自身で、夫や妻、恋人のiPhoneを調べて、浮気の有無の確認をする方法や、浮気の証拠を手に入れる方法をご紹介しています。iPhoneにはさまざまな便利な機能があります。それらを逆手に取り、真実を知って不安を解消しましょう。

そもそも相手のiPhoneの中を見るのはどうなの?

そもそも、恋人や妻、夫のiPhoneの中を盗み見るのはどうなの?という話があります。恋人の携帯をこっそり見る数は、女性は男性の1.4倍と、女性のほうが多いことがわかっています。これは女性が心配性・嫉妬深い傾向にあるというものもありますが、男性がその本能から、浮気をしやすく、女性は子どもを守るために一人の男性と生涯を過ごしたいという意志のあらわれでもあります。

もちろん、相手のプライバシーを尊重し、iPhoneや携帯を見ないにこしたことはありません。しかし、あなたがこの記事にたどり着いたということは、何かしらパートナーに対して、浮気や不倫の兆候を感じ取り、不安を感じているということでしょう。不安という感情は、別の不安や嫌な気持ちを呼び寄せます。負の連鎖、というものです。こうした負の連鎖は早期に断ち切る、あるいは対処をするのがとても大切です。

これは浮気や不倫も同様です。あなたが結婚されている場合、もし浮気を放置してしまえば、重症化して、不倫相手と結婚したいから、と離婚を迫られる可能性もあります。そうした可能性を踏まえ、悪い根を断ち切るためにも、相手のiPhoneを確認し、浮気の有無を確認することは、けして否定されることではないと考えています。なにより一番悪いのは浮気をしている相手です。それをできるだけ早期に発見し、解決するための方法をご紹介していきたいと思います。

しかし、あなたの旦那や妻のiPhoneを見るときは、それなりに覚悟して見てください。悪い結果(浮気や不倫をしていることがわかるもの)が出てきてしまっても、すぐに相手を問い詰めるといった、後先を考えない行動はやめて、努めて冷静に対処するようにしましょう。

iPhoneで浮気をしている人の特徴

まずは、iPhoneで浮気をしている人の特徴を見ていきましょう。iPhoneの中身のチェックに入る前に、iPhoneをどんなふうに使っているのか、行動から浮気や不倫を見破ることができます。ぜひチェックしてみてください。

iPhoneの画面を伏せて置く

浮気をしている人のiPhoneの使い方の特徴のひとつに、画面を下にして、机に置くというものがあります。ふつう、iPhoneを使っている人は、画面が傷つくのが嫌なので、画面を上にしておきます。また、LINEやメッセージの通知が来たことがわかりやすいため、画面が見れるよう、画面を上にして置くのがふつうです。

しかし、浮気や不倫をしていて、妻や夫にiPhoneの画面を見られたくない場合、自然を画面を下にしてiPhoneを机などに置く傾向にあります。それもそのはずで、LINEなどの通知、着信などがくると、相手の名前が画面に表示されてしまいます。これらを見られるのを嫌がるため、画面を下に伏せて、隠すというわけです。このような行動を自然とするようになったら、浮気・不倫の可能性がかなり高いと言えるでしょう。

iPhoneを肌身離さず持ち歩く

浮気をしている人の特徴のひとつに、iPhoneを肌身話さず持ち歩くというものがあります。iPhoneをトイレやお風呂の脱衣所まで持込み、iPhoneが「フリー=あなたでも触れる状態」に一切ならないように気をつけているような場合、かなりの確率で浮気の可能性があります。あなたにiPhoneを触られて通知を見られたり、中身を見られたら困るという意識が強くあるため、それが行動に出ているのです。

iPhoneを常にマナーモードにしている

もし、あなたの旦那や妻が自分のiPhoneを常にマナーモードにしている場合、それは不倫相手からのLINEやメールをあなたに気づかれたくないためにそうしている可能性があります。

浮気をしている状態だと、人間はどうしても警戒心が高くなり、普段と違う行動をとりがちです。それが、この常にマナーモードにしてしまうという行動に現れているのです。

iPhoneの様々な通知をオフにしている

「iPhoneの様々な通知をオフにしている」というのも、浮気をしている人の行動の特徴としてよくあげられます。

理由は、常にマナーモードにしているという人と同様です。不倫相手からのLINEやメールがきているのを、あなたに気づかれたくないのです。

着信があっても自分の前で電話に出ないことがある

もし、旦那や妻といるときに、浮気相手や不倫相手から電話があったとしたら、あなたは堂々とその電話にでることができるでしょうか。

大抵の人の場合、「NO」と答えるでしょう。本来、電話があったら出て対応するものです。しかし、あなたといるときに電話がなり、画面を見て電話に出ないという行動が増えた場合、これは不倫相手からの電話である可能性が高いのです。

iPhoneから浮気を見破る方法

続いて、iPhoneの中身から浮気・不倫を見破る方法を紹介していきましょう。このiPhone、実はLINEだけじゃないんです。ここにはさまざまな浮気を見破る方法が隠されています。是非試してみてくださいね。

LINEの中身を確認する

浮気・不倫の温床、LINEのアプリの中身をチェックしましょう。浮気や不倫をしている人は、iPhoneのパスコードを設定するだけでなく、LINEのアプリにも個別にパスワードをかけてロックをしている可能性があります。もし、LINEにロックが掛けれられていて、中身が見れない場合、かなり怪しいと判断したほうがよいでしょう。

LINEの中身をチェックするときは、けして未読のメッセージをひらいて既読マークをつけてしまわないように注意しましょう。新着メッセージがない場合、トーク履歴をしらみにつぶしにチェックしていきましょう。この際、不自然に前の内容が削除されている人がいないかなども合わせてチェックしましょう。

さらに、時間がないときは、下記の方法をつかって、あとからゆっくりとトーク内容をチェックしましょう。

時間がないときでもLINEの内容を見れる方法

①パートナーのスマホで気になる相手とのLINEのトーク画面を開く
②画面右上にある[v]のようなマークをタップ
③〔トーク設定〕をタップ
④〔トーク履歴を送信〕をタップ
⑤宛先に自分のメールアドレスを入力して送信
⑥自分のスマホに届いたメールを開き、ファイルをダウンロードする

この方法を使うことで、後からゆっくりとあなたのスマホやパソコンでトーク内容を確認することができます。

PC版LINEにログイン

さらに、今後も怪しい浮気相手や不倫相手とのやりとりを観察したい場合は、あなたの夫や妻のアカウントで、PC版のLINEにログインするという方法があります。これには、あなたのパートナーのLINEのログインIDとパスワードが必要になります。さらに、PC版のLINEでログインをした際に、スマホの方に通知が届いてしまうため、この通知も消す必要があります。

そのため、かなりハードルは高いのですが、これらのハードルを超えることのできる環境にいる方は、PC版LINEも活用してみるとよいでしょう。PC版LINEで自由にログインができる環境が整えば、あなたのパートナーがLINE上で行うやりとりは全て筒抜けになります。

「iPhoneを探す」をオンに

iPhoneには、iPhoneの盗難や紛失に備えて、GPSでiPhoneの位置がわかるようにするための、「iPhoneを探す」という機能があります。これを使えば、あなたのパートナーのiCloudIDとパスワードがわかれば、あなたのパソコンやiPhoneからiCloudにログインをして、「iPhoneを探す」機能を使うと、iPhoneの現在位置を知ることができます。

ただし、事前にiPhone側でiPhoneを探すの機能をオンにしておかないといけないので、注意が必要です。また、「iPhoneを探す」機能を使った場合、iCloudIDのメールアドレスに機能が使われたことが通知されるメールが送信されるため、注意が必要です。どうしても旦那のいまの位置が知りたい、浮気をしている可能性が高いなど、ここぞというときにこの機能を使ってみてください。

iPhone Cellular Callsを使う

iPhoneには便利な機能が搭載されているのですが、「iPhone Cellular Calls」という機能はご存知でしょうか?これはiPhoneにかかってきた着信を他のiOS端末のFaceTimeで受けとれる機能の事です。Wi-Fi端末に接続し、同じアカウントにサインインすれば中身が閲覧できます。

初期設定はこれがonになっているので、iPhoneの知識がなければoffにしていないはずです。IDさえわかれば簡単に内容が閲覧できる事から、『誰も見ないだろう』とonのままである事が非常に多いのです。逆手に出れば簡単に浮気調査ができるので利用してみましょう。

浮気調査をiPhoneで行う場合には、無線通信のWi-Fiがあること、iOS8以上にアップデートする事が必要になります。そして相手のIDを知っていることが何よりも大切になるので、なんとかしてIDを調べておきまよう。これを全て用意したら設定からを起動させてiPhone通話がオンになっていれば相手に着信があれば自分のiPhoneにも着信がくるので、誰からどんなタイミング・頻度で電話がきているかがわかるようになります。

Prey Anti Theftをインストールしておく

Prey Anti Theftという、一部の界隈で有名なアプリがあります。これは、iPhoneだけでなく、Androidにも同じアプリがあります。これは、本来はiPhoneの盗難防止のためのアプリなのですが、その機能を逆手に取って、浮気防止・浮気調査アプリとしても利用がされているようです。さまざまな機能が用意されていますが、無料版の機能としては、

・GPSでインストールされているスマホの位置を把握することができる
・カメラ機能を遠隔で操作することができる

というものがあります。これは、もちろん浮気調査に使えますね。パートナーの浮気が心配な方はインストールしておくとよいでしょう。

ダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/jp/app/prey-anti-theft/id456755037?mt=8&ign-mpt=uo%3D8

ホームボタンを長押し→Siriを起動

iPhoneのホームボタンを長押しすると、ロックがかかっている状態でもSiriを起動することができます。Siriを起動した後、「着信履歴をみせて!」「発信履歴をみせて!」とSiriに尋ねることで、浮気相手を突き止めることができます。

※現在のバージョンではこちらの機能は改善されており、パスコードの入力、または指紋認証を使って解除しなければ表示されないようになっています。

パスコードの解除を試みる

相手のiPhoneにパスコードが設定されており、中身を見ることができない場合、パスコードの解除を試みるのも一つの手でしょう。大抵の場合、iPhoneのパスコードは4桁の数字です。誕生日や他の暗証番号など、心当たりの4桁の数字を試してみましょう。

ただし、複数回の入力ミスには注意しましょう。パスコードの入力は6回連続で間違えると、画面中央に「iPhoneは使用できません、1分後にやり直してください」と表示されて一切の操作を受け付けなくなります。この状態でiPhoneを持ち主に見られてしまうと、あなたがパスコードの解除を試みていたことがバレてしまいます。パスコードの解除を試みる際は、5回までとおぼえておくようにしましょう。

指紋認証で寝ている隙にロックを解除!

あなたのパートナーのiPhoneにロックが掛かっていて、中身を一切確認することができない場合、パートナーが寝静まるまで待ってみましょう。iPhoneには指紋認証機能があります。非常に便利かつ、暗証番号が外部に漏れる心配がないため、広く普及しています。

もし、あなたのパートナーがこの指紋認証機能を使っているのなら、相手が寝てしまった後に、こっそりiPhoneを相手の親指に近づけてみましょう。するとどうでしょう、いとも簡単にロックを解除することができるのです。もちろん、この方法はあまりおすすめできる方法ではありませんが、どうしても浮気を特定したい!という場合には試してみてもいいかもしれません。

クローンiPhoneを作成する

ベッキー&ゲスの極み乙女の川谷絵音さんとの不倫事件でも一躍注目を浴びた、クローンiPhone。これはどんなものかというと、相手のiPhoneとそのままのクローンを作ってしまうというものです。つまり、iPhoneへのメッセージやLINEのトークも全て、自由に見ることができるのです。

クローンiPhoneの作り方は、いま、あなたのパートナーが使用しているiPhoneをiTunesで「暗号化したバックアップ」をし、別のiPhoneで「暗号化したバックアップ」のデータをもとに復元するだけ。暗号化することにより、個人アカウントもそのまま復元されるため、ほぼ完全にコピーができてしまうというわけです。

よく使う項目・通話履歴から浮気を見破る

ホームボタンを2回押すと、使っているアプリ等の一覧が表示されるマルチタスク機能ですが、こちらには実は上部に通話した相手の履歴が表示されています。見落とされがちな機能なのですが、実はここから浮気を見破れることが多々あります。ここによく知らない女の人の名前や怪しい人物の名前が表示されていないかどうかをチェックしましょう。

iPhoneを盗聴器として使う

ICレコーダーアプリには、音がすると録音を始める機能がついています。この機能を使えば簡単に会話を盗聴する事が出来るのです。

自分がその場にいなくても、電話がかかってきたり、物音がすれば、会話を録音してくれます。自分のiPhoneを家の外に置くことはなかなかできないと思いますので、基本的には自宅ででしか利用は出来ませんが、iPhoneの録音機能は精度がなかなか良く。細かい音声を拾うことができるため、録音状態の良い音声を後で確認する事が可能です。

バレてしまうともともこもないので慎重にする必要がありますが、確実性は高いため、『どうしても自分でなんとかしたい』という場合にはICレコーダーアプリをインストールして使ってみると良いでしょう。

LINEの確認でiPhoneから浮気を暴く!

LINEには個別にアプリを開くためにパスワード設定機能があります。LINEにパスで鍵を掛けるのは通常では考えられない事。鍵が掛かっている場合には「iPhoneアナライザー」などの、解析ツールを使いましょう。鍵が掛かっていない場合には以下の事を確認しましょう。

・ポップアップ通知の確認

LINEを開いたら通知がOFFになっているかいないかをチェックします。メッセージ表示自体をOFFにしてあるのは『見られたくない』意思表示ですから、間違いなく怪しんで構わないと思います。

・非表示リストの確認

設定から友達を選び非表示リストを開きます。こうすると友達一覧ではいない相手のメッセージやトークが見られるようになります。トーク履歴からスピーカー機能がOFFになっている友達がいるとしたら『自分で個別に通知をOFFにしている』と言う事になるので、浮気相手の確率が更に高くなります。後はトークを開けば、浮気相手との怪しいやりとりが残されている可能性が高いでしょう。あやしいやりとりを発見したら、必ずあなたのスマホで写真を撮って、証拠を保存しておきましょう。

未読のメッセージを読みたい場合

LINEは未読状態のトークを開くと「既読」がついてしまうので、基本的に未読状態のメッセージを見ることはできません。ただし、実はiPhoneを「機内モード」にしてしまえば、インターネットには繋がらない状態になるため、既読をつけずにメッセージを見ることができるようになります。ただし、LINEを開いた状態で機内モードを解除したり、Wi-Fiに繋いだりしてしまうと、既読マークがついてしまうので注意が必要です。未読状態のラインを見たいときは、「機内モード」に切り換えて、見終わったら機内モードから戻しておくようにしましょう。

iPhoneのガードが固いときの代替案

iPhoneのガードが固く、パスコードを突破できない。突破出来ても、きれいに内容を削除されていて、なかなか浮気の証拠をつかむことができない…。そんな人は、代わりに、こんな方法を使われてみてはいかがでしょうか。

手のひらサイズのGPSロガーを使う

最近では、手のひらサイズの小さなGPSロガー(位置情報を発信し、それをパソコンで確認することができる)が1万円もせずに、購入することができます。Amazonでも購入できるので安心です。(GPSロガーで検索)このGPSロガーを購入し、あやしいパートナーのかばんや車に忍ばせましょう。そうすることで、相手のiPhoneに細工をすることなく、居場所をつかむことができます。残業と言っていたのに、休日出勤と言っていたのに、出張と言っていたのに、その時間に繁華街にいるという位置情報を発見してしまえばこっちのものです。

facebookやTwitterで別人になりすましてコンタクト

facebookやTwitterなどで、別人になりすまして、コンタクトをとり、情報をつかむという方法も有効です。インターネット上では相手の顔が見えないため、なかなか親しくなりにくいものだったのですが、昨今ではインターネットで知り合って交際するという例も非常に多くなってきており、多くの人がインターネットで知り合った人と仲良くなることに抵抗がなくなってきているようです。そのため、別人になりすまして、浮気や不倫をうたがっている夫や妻とメッセージをやりとりし、情報を引き出す、というのも有効な手段でしょう。

ボイスレコーダー・盗聴器を使う

「スマホのガードが固く、どうにも中身を見ることができない」という場合の最終手段として、ボイスレコーダーや盗聴器を使うという方法があります。

ボイスレコーダーの場合は、夫や妻に見つからないように、ベッドの裏やタンスの中、机の裏などに隠して録音ボタンをオンにして、設置します。ボイスレコーダーを使う際に注意して欲しいのが、電池がどれくらい持つのか、という点です。肝心なところで電池切れで録音できていなかった、というようなことにならないように注意してください。

盗聴器を使う際は、そうした心配がいらず、さらに安全に浮気調査ができます。盗聴器の場合は、電源タップ型などであれば、コンセントに指すだけで使え、さらに電源はコンセントからとっているため、電池切れなどの心配がありません。さらに、電源タップなどに偽装されているため、盗聴器であるとバレる心配がほとんどありません。

盗聴器というと、「どうやって手に入れるの?」と思われるかもしれませんが、いまでは盗聴器は通販などで簡単に、かつ数千円で手に入れることができます。盗聴器を家や車に設置しておけば、浮気相手との会話や電話内容を簡単に録音することができます。

どれも難しいようなら…プロの探偵に浮気調査を依頼する

こちらの記事では、iPhoneから浮気を見破るための様々な方法をご紹介してきました。しかし、これらの方法は相手のiPhoneを触ることができ、中身を見ることができる人にとって有効な手段です。そのため、相手のガードが固く、なかなかスマホを触ることができなかったり、パスコードを突破できない場合は浮気調査が難航します。

さらに、あなたがもし結婚していて、浮気をしているなら離婚をしたい、慰謝料請求をしたいと考えている場合、残念ながらLINEやスマホの中だけの情報では不貞行為(法律用語でいう浮気・不倫)の証拠としては不十分です。不貞行為を立証するためには、少なくとも3回程度のラブホテルなどの宿泊施設への入退室時の写真や動画が必要になります。

そのため、iPhoneからの浮気調査が難しい場合や、離婚・慰謝料請求を考えている場合は余計なことをして相手の警戒心を強めてしまう前に、探偵に浮気調査の相談をすることをおすすめします。情報がある程度そろっていれば、探偵に浮気調査を頼んでも、非常にリーズナブルな価格で調査を行ってもうらうことができます。

その際、複数社に見積もりをとって、しっかりと比べることをおすすまします。探偵見積もりドットコムでは、スマホからでも30秒で複数社から浮気調査の見積もりを取ることができます。無料でカウンセリングを受けることもできますので、浮気調査でお悩みのことがある場合は、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

iPhoneを使って自分で浮気調査をして夫や妻の不倫を見抜いた体験談

最後に、実際にiPhoneを使って自分で浮気調査をして夫や妻の不倫を見抜いた体験談をご紹介しましょう。

旦那のiPhoneの使い方に違和感…LINEをくまなくチェックしたら浮気が発覚!

Aさん(東京都/30代女性/パート)

Aさんが旦那の浮気を疑いはじめたのは、旦那さんのiPhoneの使い方に違和感を覚えたことがきっかけでした。

というのも、旦那さんは以前は携帯電話やパソコンといったものに疎く、家にスマホを忘れて出かけてしまうこともあるくらい、電子機器には無頓着だったそうです。その旦那さんが、自分の使っているiPhoneを常に持ち歩くようになったという変化があったそうです。もちろん、スマホは普通どこに出かけるにも持っていくものですから、それだけではなんら不自然ではありません。しかし、トイレやお風呂といった場所にまで旦那さんはiPhoneを持ち込み、夜寝る直前までなにやら熱心に触っていたそうです。

すぐにピンときたAさんは、旦那さんが寝た隙を狙って旦那さんのiPhoneをチェック。真っ先にLINEに目を付けたAさんは、LINEのトーク内容をくまなくチェックしたそうです。チェックをしてみたところ、不自然にLINEのトーク内容が削除されているのを見つけたそうです。しかも、それは女性。職場の同僚あるいは部下のようでした。女の勘から「この人と不倫をしているのかもしれない」と思ったAさんはその日から旦那さんの行動を厳しくチェックし、隙を見計らっては旦那のiPhoneをチェックするようにしていたそうです。

ある日、旦那さんが寝ている隙に、いつものようにLINEをチェックしようと思ったところ、LINEのアプリにロックがかけられていたそうです。完全に怪しい、何かあると確信したAさんは、探偵に旦那さんの浮気調査を依頼。おそらく怪しいのは週末、金曜日の業務後と伝えて、浮気調査を行ってもらいました。結果は、「クロ」。Aさんの予想通り、職場の部下と不倫関係になっており、ラブホテルを利用していたそうです。

このことがきっかけとなり、Aさんと旦那さんは離婚。慰謝料と養育費をもらい、Aさんは一旦実家に帰り生活をされているとのことです。このように、不倫や浮気は人の行動パターンを必ず変化させるため、iPhoneの使い方ひとつで、浮気を見破ることができてしまうのです。

妻のiPhoneには浮気の証拠がビッシリ…

Bさん(大阪府/30代男性/会社員)

Bさんは奥さんと結婚してちょうど10年。大学時代に出会い、そのまま就職して結婚したそうです。

Bさんは、実は自分が不倫をしていたことがあったそうです。しかし、半年ほどで不倫関係は解消。奥さんにはばれずにすんだということでした。しかし、自分が不倫をしていたからか、妻が不倫をしているのではないか?という疑いの気持ちを持ってしまうことがよくあったといいます。そして、その予感は現実のものとなってしまうのです。

Bさんの奥さんはIT系の会社に勤務しているということもあり、パソコンやネットに詳しく、スマホも同様に、たくさんのアプリを使いこなして便利に利用していたようです。会社からの連絡にもスマホを使っており、プライベート用と仕事用のiPhoneを2台持ちで使っていたそうです。この仕事用のiPhoneには会社から頻繁にメールが届いており、家でもよくチェックしていたといいます。

しかし、ある時期から、仕事用のiPhoneへの連絡の頻度が非常に高くなりました。しかも、以前は仕事用のiPhoneが鳴ると、妻はいやそうな顔をしていたのですが、ある時期から、仕事用のiPhoneにチャットの通知音がなっても、いやそうどころか、逆に嬉しそうな顔をするようになったということでした。「これは怪しい」と思ったBさんは、妻が寝静まったタイミングを見計らい、妻の仕事用のiPhoneをチェックしたそうです。妻の仕事用のiPhoneは指紋認証によるロックがかかっていたものの、寝ている妻の右手の親指に、そっとiPhoneのホームボタンを近づけて一瞬でロックを解除したそうです。

妻の仕事用のiPhoneの中身を見たところ、Skypeやメールに、仕事用の連絡は確かに入っていました。しかし、前に見た時にはなかったあるアプリがインストールされているのを見つけたのです。それは、「LINE」でした。妻は、仕事ではLINEは使っていないはずでした。しかし、LINEがインストールされているのを見たBさんは、すかさずこちらのアプリの中身をチェック。妻の隠された浮気の証拠を見つけてしまったのです。

仕事用のiPhoneで使われているLINEのアカウントは、どうやら不倫相手専用につかっているようでした。自分には見せたことのないようなデレデレとした不倫相手とのやりとりを見つけてしまったBさんはショックでその場に崩れ落ちたそうです。その不倫相手とは半年ほど前から関係があることがわかりました。

妻の不倫が確実なものとなってしまったBさんは、すぐに探偵に浮気調査を依頼。浮気の証拠写真を撮ってもらったそうです。妻のiPhoneから浮気を見つけた時から、心は決まっており、離婚をして妻と不倫相手に慰謝料請求すると決められていたそうです。もちろん妻は旦那が探偵を雇っているとは一切思っておらず、簡単に浮気の証拠写真を撮影してもらうことができたそうです。そして、その後Bさんは妻と離婚。慰謝料として妻と不倫相手に合計300万円を支払ってもらったそうです。

まとめ:iPhoneから自分で浮気調査をして夫や妻の不倫を見抜く5つの方法

これまでご紹介してきたように、iPhoneでできることは、パソコンに対してなんら遜色がなく、しようと思えば、浮気や不倫をするための便利なツールにもなってしまいます。しかし、これを逆に利用して、そうした様々な機能を有効活用することで、旦那や妻の浮気調査を自分で行うこともできます。

しかし、あなたが旦那や妻のiPhoneの中を見たことが、少しでも相手に気づかれてしまえば、浮気の証拠を隠滅されてしまいます。そうなる前に、探偵事務所に浮気調査を依頼してしっかりと調査をしてもらうのも一つの手段といえます。離婚や慰謝料請求を考えている場合は、浮気の証拠写真を撮影してもらい、しっかりと慰謝料を支払ってもらうようにしましょう。

パートナーのスマホやLINEを見て
浮気を発見してしまった方へ

浮気調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
iPhoneから自分で浮気調査をして夫や妻の不倫を見抜く5つの方法