あなたの周りにも…ストーカーになりやすい人の3つの特徴

あなたの周りにも…ストーカーになりやすい人の3つの特徴

  • はてな

ストーカーに遭うことは非常に辛いことだと思います。そこで、相手に付きまとわれてしまったりメールを送られたりなどの迷惑行為を繰り返されるリスクを少しでも減らせるように、ストーカーになりやすい人の特徴について今回は解説します。

[upload]cf7d81dca2d33f0cbe6af6290f9dfaf8_s

ストーカーに遭うことは非常に辛いことだと思います。そこで、相手に付きまとわれてしまったりメールを送られたりなどの迷惑行為を繰り返されるリスクを少しでも減らせるように、ストーカーになりやすい人の特徴について今回は解説します。

感情の起伏の差が極端に激しい人

まず一つ目に「感情の起伏の差があまりにも激しいタイプ」は注意が必要です。例えばある時にはものすごく優しくしてくれるのに、ちょっとしたことが原因でものすごく怒ってしまうような方の場合がこれに当たります。

このような方の場合には、嫌いになったらとことんまで嫌いになってしまう可能性があります。もしもそのような方の場合には「相手を傷つけてやろう」と言う気持ちなどからストーカー行為に走る可能性がゼロとは言い切れません。

勿論、全ての「感情の起伏が激しい人」がこれに当たるとは限りませんが、いずれにしてもこのようなタイプの方と関わる際には、こちらも感情的になったりすることなく、落ち着いて対応をするようにすると良いと思います。

自己中心的な人や、自分が大好きな人

次に考えられるのが「自己中心的な人」の場合です。例えば人間は「自分の言動が相手にどんな影響を与えるのか」について考えて、自分勝手な行動はとらないようにするようにすることが多いと思います。例えば自分が仮に「好きな人の声を聴きたい」と思ったとしても、「自分とあの人はそんなに親しいわけじゃない」や「夜中に電話をかけたら相手に悪いかもしれない」などの気持ちから、電話することを控えることもあると思います。

しかし、このような「相手が自分の立場だったらどのように思うのか」についてを深く考えずに一方的に自分の気持ちを押し付けるようなタイプは、歯止めが効かずにストーカー行為を行ってしまう可能性もあるため注意が必要だと思います。

その他にも「自分が大好きな人」についても注意が必要と言えるでしょう。即ち自分が大好きだからこそ、「自分を振るような女性は許せない」と思ったり「本当は、相手は自分のことが好きなはずだ」などのように思ったりなどの理由で、ストーカー行為を行う可能性もゼロではありません。もしも日常の生活などでも極端に「自分は○○なんだ」と言う自慢話が目立つようであれば、もしかしたらその人は「自分が大好き」な可能性もあります。

その為、このような性格特徴があまりに目立つような相手の場合には、注意することが必要かもしれません。

人間関係が不安定な人

最後に、人間関係が不安定な方についても注意が必要かもしれません。例えばいつも慢性的に孤独感を持っているような方の場合には「誰かと一緒に居ないと不安」と言うことからその相手のことを非常に強く束縛している可能性があります。もしもこのような方と仲良くなったとしたら、「この人が自分の方を見てくれていないと不安」と言う気持ちなどから、ストーカーの被害に遭う可能性もゼロではないと思います。

その他にも、前述した「感情の起伏が不安定」な方も同様です。例えばある時にはその人のことを非常に大切にするのに、ちょっとしたきっかけで一気に「大嫌い」に転じてしまう方の場合にはどうでしょうか。恐らくですが、人間関係も不安定になってしまうのではと思います。

以上のことから、人間関係が不安定な方に対しては、ある程度注意を払っておくことが重要になると言えるでしょう。例えば恋人と長続きすることがあまりない、友人関係がすぐに悪化するなどの特徴がみられている場合などは、特に注意した方が良いかもしれません。

まとめ

以上、ストーカーになりやすい人の特徴について今回は3点ほど解説を行いました。感情の起伏が不安定な方や自己中心的なものの考えをする方、自分のことが大好きな方や、それらのことが原因で人間関係が不安定な方はストーカーになる可能性があるとも言えます。

しかし、残念ながらここに書いた特徴にすべてのストーカーが当たるわけでは当然ありません(詳しくは、専門書などを読んでいただければと思います)。また、場合によっては「この人がストーカーになるなんて想像もしていなかった」と言うパターンもあると思います。

他にもストーカーと一口に言っても「見知らぬ人や、あまり親しくない人からストーカー行為を受ける」場合もあれば「告白したけど振った相手から受ける」場合も「昔付き合っていた恋人から受ける」と言う可能性もあり、どれもひとくくりに扱うことは出来ません。場合によっては「被愛妄想」のような妄想が原因でストーカー行為をするケースもありますが、このような方の場合には、精神疾患を持っている可能性があると言えます。

そのため、もしもストーカーの被害に遭ってしまった場合には、専門の機関に相談することが重要になると思います。自分一人だけで解決しようとせずに、信頼できる機関に話をして解決するための方法を考えて行っていただければと思います。

あなたの周りにも…ストーカーになりやすい人の3つの特徴