【驚愕】ネットで出会った婚約者の身辺調査を行ったら、衝撃の事実が発覚!

【驚愕】ネットで出会った婚約者の身辺調査を行ったら、衝撃の事実が発覚!

  • はてな

最近では、婚活の方法も多彩になってきました。昔のように近所の人が知り合いを紹介するといったお見合い形式より、ネットで知り合う人が増えてきましたね。ネット経由の婚活は、大勢の人と短期間に知り合えるのがメリットです。ですが本人の属性や家族関係が正確に分からないのが玉にきず。時には婚約までした段階で、衝撃の事実が発覚することもあります。

[upload]a0002_010666

最近では、婚活の方法も多彩になってきました。昔のように近所の人が知り合いを紹介するといったお見合い形式より、ネットで知り合う人が増えてきましたね。ネット経由の婚活は、大勢の人と短期間に知り合えるのがメリットです。ですが本人の属性や家族関係が正確に分からないのが玉にきず。時には婚約までした段階で、衝撃の事実が発覚することもあります。

婚約者の不審な行動

これは、ある例です。32歳の未婚女性が、ネットで知り合った男性と順調に交際が進み、婚約までいたりました。お相手は、36歳の独身男性。勤務先は上場企業で性格も温和、お互いの家族にも会い、とてもいい感じです。ところが、彼女の中に一抹の不安がありました。それは婚約者の行動に、不審な点があることです。週に2〜3回のデートをして、彼のマンションにいってもおかしな点はありません。しかし毎月決まって何回か、どうしても連絡が取れない日があるのです。スマホの電源も切りっぱなし、ラインの返事もありません。理由を尋ねると、「お客さんと会う仕事の日だからさ」と、サラッと流されます。

しかし、どうしても気になる。あとは式の日取りを決めるまでになっていますが、彼がどこにいるのかを突き止めなくては我慢が出来なくなったのです。

興信所に調査依頼

そこで、興信所に素行調査を依頼しました。素人が中途半端に調べるより、プロにまかせたほうが短期間ではっきりわかるからです。しかもこの場合、彼は連絡がつかない日をあらかじめ教えてくれるので「この日の行動を1日調べてください」というふうに、明確に依頼ができました。調査日までの彼は、いつも通りの気さくで優しいひとなので、彼女はだましているような気持ちになりました。それでも「これですっきりするなら」と自分に言い聞かせたそうです。そして2週間後。彼女のもとに興信所から連絡が来ました。調査が完了したので、結果をご報告したいというものです。その間にも2回、まったく連絡が取れない日がありました。

まさか、婚約者が

興信所で報告書を見た彼女は愕然としました。そこにのっていた写真は、彼が見慣れないTシャツやハッピを着て、同じような年齢の男性たちと仲良く話している姿です。バックにはどこかのステージがうつっているので、小規模のイベントのようです。写真を見ていくと、サイリウムと呼ばれるらしいライトを持っている姿や数人と一緒に踊り狂う姿、小学生らしき美少女と握手をしている姿もありました。そう、彼はアイドルオタクだったのです。

しかも、小学生アイドルだけを追っかけているのです。ただのアイドルオタクなら彼女も許そうと思ったのですが、調査結果を聞くうち、さらに衝撃の事実が判明しました。彼は、大学時代に警察の取り調べを受けたことがあったのです。容疑は、女子小学生を相手にした盗撮。このときは弁護士と一緒に自首して在宅捜査になり、証拠が不十分だったので逮捕にまでなりませんでした。あまりの事実に、彼女は報告書を読むうち、最後は声も出なくなったそうです。

慰謝料より破談

彼女もいったんはこのまま結婚を、と思いましたが、やはり一緒に暮らす気持ちになれませんでした。まず、婚約者に破談を申し入れました。彼を傷つけたくないという気持ちもあったので、最初は「お互いの気持ちがすれ違っていると思う」「性格の不一致もあるので、婚約は解消したい」などと、柔らかく申し出ました。しかし婚約者は結婚したい気持ちに変わりがなく、家族もとても気に入っているのでそんな理由では破談にできないといいます。話し合いは決着がつかず、平行線のまま。そしてある日、婚約者が彼女の実家にやってきたのです。彼女の両親に結婚の後押しをしてほしいと頼みにきたのでした。そこで彼女はとうとう、家族と本人に興信所の調査報告書をみせました。

両親はあぜんとして、婚約者はおろおろするばかり。やっと破談に決まりましたが、その後も携帯に電話があったり、自宅に無言電話があったりしました。元婚約者のやっていることとは断定できませんが、彼女は調査報告書を持って彼の実家へいき、事情をあらためて説明したそうです。実は、警察の取り調べを受けたことはかれの両親も知らなくて(県外の大学で、下宿していたのです)、初めは信じられないという表情でした。しかし興信所による調査報告書の写真や結果を知るにつれて、真っ青になりました。結局それを最後に無言電話もなくなり、彼とは完全におしまいになりました。

結婚前に調査をするべきです

結婚は、最後は本人同士の気持ちです。条件のいい人ではなく、性格だけを見て選ぶということはとても大事ですね。とはいっても、ネット上で知り合う人については正確な情報が取りにくい点がデメリットです。たんなるおつきあいの間はいいでしょうが、もし婚約→結婚という正式な段階まで来たら、きちんと調査をすると安心です。昔のお見合いは双方を知る人が情報を伝えてくれましたが、今はそうではありません。相手について正確な情報がほしかったら、自分で手に入れるしかないのです。興信所や探偵事務所などの第三者機関に調査を依頼して、客観的な事実を知っておくほうがいいでしょう。

【驚愕】ネットで出会った婚約者の身辺調査を行ったら、衝撃の事実が発覚!