人探し・家出調査の方法をプロがご紹介(家出・失踪・捜索願編)

人探し・家出調査の方法をプロがご紹介(家出・失踪・捜索願編)

  • はてな

人探しや家出調査でお悩みの方は必見です。大切なご家族や子供が家出・失踪をしてしまったり、人探しを依頼したい人がいるという方に向けて、人探し・家出調査の方法をプロである探偵が解説させていただきます。こちらの記事を読めば、人探し・家出調査に関するお悩みをすっきりと解決できます。

[upload]3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

人探しや家出調査でお悩みの方は必見です。大切なご家族や子供が家出・失踪をしてしまったり、人探しを依頼したい人がいるという方に向けて、人探しや家出調査のプロである探偵が人探し・家出調査の方法を解説させていただきます。こちらの記事を読めば、子どもや大切な家族が家出や失踪をしてしまった時、どのように捜索をすればいいのか、何をすればいいのかが全てわかります。人探し・家出調査に関するお悩みを、すっきりと解決することができるはずです。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

【はじめに】人探し・家出調査をしている方へ

警視庁の発表によると、平成26年中に行方不明者届出を受理した行方不明者は81,193人となっています。ただし、これはあくまで警察に行方不明者届を提出し、受理された人数となっており、実際にはこの倍以上の行方不明者が毎年発生していると言われています。

さらに警視庁の発表している統計情報を紐解くと、警察に行方不明者届けを出しても、警察の手によって発見に至るのは36%しかいないということがわかります。最も多い発見手段は「家出人が自分の意志で帰宅した場合」や、「警察の捜査以外の方法によって家出人や行方不明者を見つけ出し、家に連れ戻したもの」となっています。

そのため、家出人や失踪人を本気で探し出したいと考えられている方は、警察に行方不明者届を出すだけでなく、自ら積極的に人探しのために動く必要があるのです。

家出人・失踪人の発見確率と時間・失踪期間の関連性

upload2016-10-05-11-49-06

人探しをするにあたり、まず知っておいていただきたいことがあります。それは、「家出人・失踪人の発見確率と時間・失踪期間の関連性」です。

さきほどご紹介した警視庁発表の統計情報をさらに紐解くと、家出期間・失踪期間の長さと発見確率には相関があることがわかります。家出人・失踪人の発見数のうち、約70%は家出・失踪をしてから1日〜7日以内に発見されています。さらにそこから日にちを重ねていくごとに発見確率は大きく下がっていきます。

つまり、家出人・失踪人の発見のために、最も重要なのは「いかにはやく捜索をはじめるか」なのです。こちらの統計情報からわかるように、警察に行方不明者届けを出しても、見つかるのはそのうち36%しかおらず、時間が経てば経つほど発見確率は下がっていくということをまず頭に入れておいてください。

そのため、1日たっても家出人や失踪人が帰ってこない場合や、夫婦喧嘩や親子喧嘩など、原因がはっきりしていない場合の突然の家出や失踪の場合は、いちはやく家出調査をすることを強くおすすめします。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

人探し・家出調査をする方法

人探し・家出調査をする方法には、大きく分けて下記の3つの方法があります。

・警察に行方不明者届(旧捜索願)を出して人探し調査・捜索を依頼する
・自力で、自分で人探しをする
・探偵事務所・興信所に人探し・家出調査・所在調査を依頼する

それぞれの方法が持つメリット・デメリットについて、簡単にご紹介していきましょう。

警察に行方不明者届(旧捜索願)を出して人探し調査・捜索を依頼する

警察に行方不明者届を出すという人探しの方法のメリットは、まず無料であるということがあげられるでしょう。デメリットとしては、行方不明者届を提出できるのは家族の一部に限られるということ(友人や恋人の行方不明者届は提出することができない)、普通の家出人であれば積極的に捜査をしてもらうことはできないという点です。特異家出人と呼ばれる、家出に外的要因や事件性のあるものでなければ警察は積極的な捜査を行いません。そのため、こちらの方法による発見率は高くありません。

自力で、自分で人探しをする

自分で人探しをするメリットは、費用はある程度かかるものの、発見確率をあげることができることにあります。デメリットとしては、自分の時間と足を使って人探しをしなければならないこと、探偵の行う人探しや家出調査に比べると発見率が格段に落ちることがあげられます。

探偵・興信所に人探し・家出調査・所在調査を依頼する

探偵事務所や興信所に人探し・家出調査・所在調査を依頼することのメリットは、人探しの方法の中でも最も発見率が高く、早期発見が見込めることです。最も確実な人探しの方法と言えるでしょう。デメリットとしては、どうしても探偵に調査を依頼すると、費用がかかってしまうという点です。

しかし、家出や失踪が起こってからなるべくはやく探偵に人探しの相談をすることで、早期発見に繋がるため、結果的には自分で人探しをするよりも費用が安くすんだ、というのはよくあります。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

警察に行方不明者届を出す方法

人探しにおいて、最初にとるべき行動は警察に行方不明者届を出すことです。

まずは警察に行方不明者届(旧捜索願)を出す準備をする

まずは、警察に行方不明者届けを出す準備をしましょう。家出人や失踪人、行方不明者の発見率は、行方不明になった日から日が経てば経つほど、下がっていきます。早期に対処することが、発見につながります。

行方不明者届(旧捜索願)を出すために必要な情報

行方不明者届をだすためには、行方不明者を特定するために様々な情報が必要になります。詳細な情報があればあるほど捜査の成功率は高くなります。できるだけ詳しく、正確な情報を集めてから警察に向かいましょう。

・本籍、住所、職業、氏名、生年月日等行方不明者の特定に必要な情報
・身長、、体重、体型、髪型、血液型等、身体の特徴に関する情報
・行方不明になった日の服装、所持品等に関する情報
・行方不明となった日時・場所に関する情報
・行方不明になった原因として思い当たること(借金・鬱・自殺願望・喧嘩など)
・その他行方不明者の発見のために参考になる情報
・行方不明者の写真(顔がうつっているもの・全身が写っているもの)
・届出する人の印鑑と運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カードなどの身分証明書

さらに、最後に見かけたのはいつだったのか、何を話したのか、どんな様子だったのかを思い出してみましょう。さらに、本人の書き置きや携帯・スマホ・パソコンやTwitterやfacebook、LINEでのやりとりなどから、行き先や失踪の原因に関する情報がないかどうかを調べ、行きそうな場所を書き出してみましょう。

行方不明者届(旧捜索願)を出すことのできる人

行方不明者届けを出すことができる人は限られています。下記に該当する人が行方不明者届けを出すことができます。

・親権者、配偶者、後見人など親族や監護者
・行方不明者の福祉に関する事務に従事する者
・同居者、雇主その他の当該行方不明者と社会生活において密接な関係を有する者

行方不明者届(旧捜索願)を出すことのできる場所

行方不明者届は下記の場所出だすことができます。

・行方不明者の行方不明時の住所又は居所を管轄する警察署(行方不明者の最寄りの警察署)
・行方不明者が行方不明になった場所を管轄する警察署(旅先で行方不明になった場合は旅先の警察署)
・届出をされる方の住所若しくは居所を管轄する警察署(届け出人の最寄りの警察署)

警察に行方不明者届(旧捜索願)を出す

これらの情報を集めることができたら、警察署に行き、行方不明者届を出したい旨を伝えましょう。その旨を伝えれば、担当の警察官が話をすすめてくれるでしょう。

警察は事件性がないと積極的に動いてくれない

警察に行方不明者届を出せば一安心、と思われるでしょうか。しかし、ここに大きな落とし穴があります。警察は、行方不明の原因に事件や誘拐など、事件性がないと積極的には動いてくれません。また、行方不明者が自らの石で、失踪した(借金苦や家族から逃げたい等)とみなされた場合、積極的に捜索をしてくれません。そのため、事件性があまりなく、自ら失踪した可能性が高い行方不明人の場合、本人を探しだすためには別の手段を取る必要があります。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

自分でできる人探し・家出調査の方法

次に、自分でできる人探しの方法についてお伝えしましょう。できることに限りはありますが、自分でも人探しをする方法はあります。ひとつひとつ試していくことで、行方不明者を発見する確率が上がります。地道に行動にうつしていきましょう。

本人のスマホから情報を探す

本人のスマホが残されている場合、そこから情報を探ることは非常に有効です。LINEでの友だちとのやり取りやLINEのタイムラインへの書き込み、facebookへの投稿、メッセージのやりとり、Twitterへのつぶやきやリプライ、DMでのやりとりを確認してみましょう。もしかしたら友人に相談しているかもしれませんし、友人の家が潜伏先かもしれません。さらに、失踪当日の足取りが掴める場合があります。誰と何時に会う約束をしていたのかといった情報も重要になります。

友人に行方を知らないかメールあるいは電話をしてみる

仲の良い友人や過去の友人問わず、本人が今行方不明である旨を伝え、最近変わった様子がなかったか、行方になにか心あたりがないかどうかを、メールあるいは電話できいてみましょう。日頃からよく連絡をとりあっている友人であれば、本人の変化や行きそうな場所をある程度推測できるかもしれません。また、本人が行方不明であると伝えることで、友人が生活の中で少しアンテナをはり、似た人物がいないかどうかを探してくれることも大きく期待できるでしょう。さらに、友人の口から別の友人へと行方不明であるという情報が伝わることで、捜索の輪が広がる効果も期待できます。

行きそうな場所を書き出してみる

普段からよくいくゲームセンター、カラオケ、友人宅、ファミレス、コンビニなど、本人がよくいく場所を書き出してみましょう。もちろん、これらの場所にいるとは限りませんが、本人の行動範囲を把握しておくことで、後々非常に役立ちます。

facebookやツイッターに行方不明者を探していると投稿する

本人がなかなか見つからない場合、Twitterやfacebookなど、本人、あるいはご自身のアカウントで行方不明者を捜索中である旨、行方不明者の情報を記載した投稿をしましょう。その際、できれば「【拡散希望】」と記載しておくことで、沢山の人に見てもらえる可能性が上がります。昨今のSNSは非常に拡散力が高いため、一気に数十万人の目に触れる可能性があります。情報はできるだけ詳しくのせましょう。

ただし、インターネットから得られる情報は情報の正確性が低い可能性がありますので、集まった情報はきちんと精査し、確認を行いましょう。

facebookやツイッター、LINEなどでメールアドレス・電話番号で検索をする

facebookやTwitterには、メールアドレスによるユーザー検索機能があります。

そのため、家出をしてしまった人や、探したい人のメールアドレスを知っている場合、これらのSNSを利用して、本人のアカウントが見つかるかどうか試してみましょう。もし、登録されているアカウントが見つかれば、コンタクトを取ってみましょう。家出や失踪をしてしまい、心配をしているので連絡して欲しいと伝えましょう。

また、LINEには、電話番号によるユーザー検索・友だち検索の機能があります。電話番号を知っていて、何度か電話をしているがつながらない、あるいは着信拒否をされているというような状況の場合、この機能を使ってLINEのユーザーIDを探しだし、LINE経由で連絡をとってみてはいかがでしょうか。

家出や失踪をした手前、電話には出にくいという気持ちがやはり家出人にはあります。文字でのメッセージであるLINEのほうが、まだ連絡がとりやすいでしょう。さらに、LINEには既読機能もあるため、既読マークがつけば、無事でいるという確認をすることができます。

Google+でも同様に人探しが可能

Google+というSNSでも、facebookやLINEなどと同様に名前やメールアドレスからユーザーや投稿を検索することができます。facebookは利用していなかったが、Google+は利用していた、というような場合もあるため、念のためこちらでも同様に人探しを行っておきましょう。

インターネット上の人探し掲示板・人探しサイトを利用する

インターネット上には家出人や失踪人を探すための、無料で利用可能な人探し掲示板・人探しサイトというものがあります。

こちらに、探したい人や家出人・失踪人の情報を載せることで、多くの人の目に触れるため、発見のための手がかりや情報が見つかる可能性があります。ただし、SNSでの人探しと同様に、インターネット上に情報を掲載すると、自分の想像以上の数の人の目にそれらの情報がさらされることになります。さらに、目撃情報なども、全てが信頼できる情報とは限らないため、注意するようにしましょう。

また、インターネット上に投稿した情報は基本的に一生ネット上に残るものであると意識した上で投稿を行いましょう。必要以上の個人情報を掲載することはやめましょう。

近隣へのビラ配り・張り紙

行方不明者の情報や写真を記載したビラを作成し、さきほどあげた本人の行きそうな場所に張り紙をさせてもらいましょう。また、人通りの多い駅前などでビラを配ることも効果があります。他人の目に、行方不明者の情報を一度インプットしておいてもらえれば、いつかどこかで行方不明者に似ている人に出会った時に、記憶が蘇ります。こうした地道な活動が家出人の発見の確率を少しずつ上げていきます。

戸籍謄本や住民票を利用して人探しをする

家出調査や失踪調査ではないパターンの人探しの場合、戸籍謄本や住民票を取得することで、現在住んでいる住所が判明する場合があります。

戸籍謄本には本籍と戸籍の筆頭者の氏名、その戸籍に記載されている人全員の生年月日や本名、本籍、父母の名前と続柄が記載されています。住民票には、氏名、生年月日、性別、世帯主の氏名及び世帯主との続柄、戸籍の表示、住民となった年月日、住所及び転居したものについては、その住所を定めた年月日、届出の年月日及び従前の住所が掲載されています。

戸籍謄本と住民票には上記の通り、現住所が記載されているため、取得できれば今住んでいる場所を知ることができます。ただし、戸籍謄本と住民票は、取得することができる人が限られています。住民票や戸籍謄本を取得できるのは、本人の配偶者(妻あるいは夫)、直系尊属(父や母などの両親、または祖父母)、直系卑属(子または孫)に限られます。そのため、家族以外の人が取得することができません。身分を偽り、不正に戸籍謄本や住民票を取得することは犯罪です。

住民基本台帳にも、現住所が記載されているため、閲覧することができれば現住所を知ることができます。ただし、住民基本台帳には個人情報が多数含まれるため、閲覧が許可される条件は厳しく定められています。

閲覧できる場合

・国または地方公共団体の機関が、法令で定める事務の遂行のために閲覧する場合
・個人または法人が、次に掲げる活動を行うために閲覧することが必要である旨の申出をする場合
①統計調査、世論調査、学術調査等の調査研究のうち、公益性が高いと認められるもの
②公共的団体(例:社会福祉協議会等)が行う地域住民の福祉の向上に寄与する活動のうち、公益性が高いと認められるもの等

https://www.city.toshima.lg.jp/095/tetsuzuki/todokede/016351.html

閲覧できる項目も、住所、氏名、生年月日、性別に限られています。

もし、家族と長年が取れずに困っているという方は、こちらの方法を試してみるとよいでしょう。

携帯電話番号で人探し・家出調査をする

「人探しをしたいけれど、携帯電話の番号しかわからない。携帯電話の番号からその人の名前や住所を割り出すことってできないの?」

というご相談をいただくことがあります。昨今では、個人情報保護に対する意識も大きく変わり、法律もこれに合わせて変化しているため、現在では携帯電話の番号のみからでは、契約者の住所や氏名などの個人情報を開示することができません。そのため、携帯電話の番号しかわからない場合、探偵や興信所に人探し・家出調査を依頼し、携帯電話の番号以外の情報を探り、本人の居場所を特定することが必要になります。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

探偵・興信所に家出調査・人探し・所在調査を依頼する

行方不明者や失踪人、家出人を捜索したい、と考えた時に、真っ先に頭に浮かぶのは警察への捜索願の提出です。大切な人が何故居なくなってしまったかを即答出来る人はなかなかいないでしょうし、自発的な失踪なのか、事件性があるかも、事前に兆候がなければなかなかと分からないでしょう。

ただし、警察に捜索願を出しても、多くは事件性ありとは判断されず、積極的に調査をしてもらうことは難しいのが実情です。そのため、家出人や失踪人を探しだすために一番確実なのは人探しのプロである探偵事務所や興信所に家出調査を依頼することです。

ここからは、探偵事務所に依頼した時に『どのような方法で調べてくれるのか』についてまとめてみました。探偵って本当に頼りになるのか心配な人は是非これを読んで、いざの時には探偵への人探しの依頼を検討されてはいかがでしょうか。

人探しと所在調査

私達は『人探し』と言いますが、探偵事務所では『所在調査』という名前で調査を行います。探し人が『今どこにいるのか』を調査してくれるもので、警察の手が届かないところまで、調査を行ってくれます。平成25年時点でも8万人以上の行方不明者がいます。実際に警察に届けが出されている人数でこれですから、『届けがされていない』人達を入れれば10万人はゆうに超える数の行方不明者がいると推測できます。

年間にこれだけの人数ですから、来年以降も行方不明者は増え続けます。この行方不明の多くが所在を確認されているのですが、警察がこの不明者を全て探し出したわけではないことも頭に入れておきたい事項です。

警察と探偵の人探し・家出調査の違い

警察は民事事件には不介入であるため、『喧嘩で家出』や『痴呆により徘徊の内に行方不明』のような場合には、『事故や事件に巻き込まれる可能性』が高くないと判断し、積極的な調査を行わない場合があります。特に家出や借金を抱えた家出のような行方不明者は探して貰えない事が多いのです。

警察は冷たいと思うかもしれませんが、行方不明者を探す以外にも事件や事故の調査や解決にも走らなくてはならないとなれば、ある程度の優先順位はあっても仕方ないものとも思えます。

その点、探偵事務所では家出調査や人探しを依頼されれば、持っているスキルやネットワークをフルに活用し、調査を行ってもらうことができます。「大切な人ともう一度会いたい」「家出をしてどこにいるかわからない子供に戻ってきて欲しい」と望むなら探偵事務所での人探し・家出調査・所在調査を依頼するのが最も確実な方法なのです。

探偵の人探しの方法について

自発的に居なくなってしまった、痴呆により記憶が曖昧なままに行方知れずになってしまうなど、行方不明になるには様々な理由や原因があります。例えば『探されたくない』『一人になりたい』『過去を断ち切りたい』と考える人は、名前を偽りひっそりと暮らしたり、住み込みの仕事についたりと『探し出されない』ように身元を隠します。

この様に『ひっそりと身を隠しながら生活をしている』場合や、離れた場所でも『普通に社会に溶け込んでいるか』にもより調査方法や難易度も異なります。社会に溶け込み『新しい人生』を送っている場合には、探偵独自のネットワークを使い調査していくので、確実性も高く早期発見も出来ます。ところが『身を隠して生活をしている』行方不明者となると普通の人が予想だのしない場所で生活をしていると、調査に時間も掛かりますし探し出すのが困難にもなります。

多くの探偵事務所があり、各々に独特の調査方法やネットワークを持っています。さらに、依頼があれば探偵は積極的に調査を行ってくれます。発見確率は、警察よりも遥かに高いものとなっています。

人探し・家出調査の調査方法

探偵事務所では独特の調査ノウハウやネットワークを持っています。個人では出来ない調査も探偵だからこそできるというものが多く存在します。調査方法としては、

・家出時や失踪時の状況、残された情報からの行き先の特定
・調査対象者が足を運ぶであろう可能性の高い場所の特定
・得られた情報を元に、独自の調査ネットワーク・情報網を駆使して情報を集める
・家出人・失踪人の交友関係からの情報・手がかりの取得
・家出人、調査対象者が滞在している可能性のある地域での聞きこみ調査
・家出人、調査対象者が滞在している可能性のある場所での張り込み調査
・住民基本台帳補助簿

が上げられます。

全国に支店のある探偵事務所であれば、各都道府県の支店に調査対象者の情報を渡して調査に当たることも出来ますし、家族や知人から対象者の思い入れの深い土地や場所を聞き出す事で集中した調査にも当たれます。インターネットではSNSを使い、FacebookやTwitter等から個人の手掛かりを探したり呼び掛けをする事で対象者の居場所を狭め特定していきます。

やはり『どのような情報ネットワーク』を持っているのかが重要であり、このネットワークと調査力により多くの人探しに成功しているのは言うまでもありません。場合により100%とはいきませんが、高い確率で探し人を見つける事が出来るのです。

そこから、足を使った聞きこみ調査、張込調査を行い、最終的に行方不明者を探し出します。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

家出調査・人探し・所在調査にかかる調査費用の相場

家出調査・人探し・所在調査といった調査にかかる調査費用の相場ですが、30万円前後となっています。

家出調査や所在調査は、人探しのプロと言えども容易ではありません。調査員が実際に動き、数日間に渡って調査を行うため、どうしてもこれくらいの費用はかかってしまいます。調査対象者の情報が少ない場合や、調査対象者が自分の意志で姿をくらましていたり、失踪から数年が経っている等の場合は、難易度の高い捜査になるため、調査期間も長くなるため、調査費用も高くなってしまう傾向にあります。

探偵の人探し・家出調査の調査費用・料金を決めるポイント

探偵の人探し・家出調査の調査費用・料金は何によって決まっているかご存知でしょうか。

人探し・家出調査にかかる時間・日数・期間

人探し・家出調査にどのくらいの時間・日数がかかるかによって、調査費用は大きく変わります。

当然ながら、まだ家出や失踪をしたばかりで、1日の調査で見つけることができれば、その分調査費用は安くなります。一方で、1日10時間の調査を1週間行う、というような場合はその分調査費用がかかります。

人探し・家出調査を行う調査員の人数

人探し・家出調査に何人の人員を割くのかによって調査費用は変わります。基本的に、1名での調査は、調査対象者を見つけても、その後見失ってしまう可能性が高く、さらに調査に時間がかかってしまう(= 調査効率が悪くなる)ため、調査対象者発見までのスピードが重要となる人探し・家出調査では2名以上での調査を行うことが基本となります。

人探し・家出調査の難易度

人探し・家出調査の難易度によって、調査にかかる時間や調査員の人数が変わってくるため、難易度は調査費用を決める重要な要素になります。調査の難易度は下記のような要素によって決まります。

・家出や失踪、行方不明からどの程度の期間が経っているのか
・家出人や失踪人に関する情報・行き先についての情報
・家出人や失踪人が自ら望んで姿を消しているのかどうか
・家出人や失踪人が精神疾患(うつ病や認知症など)にかかっていたか
・どのような移動手段が考えられるか(車・電車・バイク・自転車など)
・家出や失踪時の所持金はどの程度であると考えられるか

家出調査・人探し・所在調査の費用の料金体系

家出調査・人探し・所在調査の費用の料金体系には、大きく分けて以下の4つのパターンがあります。

日割り・時間課金型の調査費用

調査にかかる時間に対して、1時間あたりいくら、1日あたりいくらという形の料金体系です。調査対象者に対する情報が十分にあり、現れるであろう場所や時間帯がある程度絞れている場合にはこちらの料金体系がおすすめです。

時間・日数パックの調査費用

30時間パック、5日間パックといった、事前に決められた時間数・日数をパック料金と定めている料金体系です。家出人や失踪人に関する情報が少なく、ある程度調査に時間がかかることが予想されている場合はこちらの料金体系がおすすめです。

着手金 + 成功報酬型の調査費用

着手金として5万〜10万円程度を支払い、家出人や失踪人が発見した場合、追加で成功報酬を支払う料金体系です。調査対象者の発見確率が低い場合は、こちらの料金体系がおすすめです。ただし、情報が少なすぎて、あまりにも調査が難しい、発見できそうにないという場合はこちらの料金体系が適応されることはあまりありません。

完全成功報酬型の調査費用

着手金も一切なしで、見つかった場合のみ成功報酬として調査費用を支払う料金体系です。こちらは他の料金体系に比べて、探偵事務所や調査会社側にとってリスクが大きすぎるため、その分成功報酬金額も高額になりがちですので、あまりおすすめしません。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

家出や失踪の理由

家出や失踪には、必ず理由が存在します。その理由をある程度推測したり、知っておくことで、その後の足取りや、家出人・失踪人を発見し、家に連れ戻した際に、家出や失踪の再発防止に役立ちます。

中学生や高校生などの子どもの家出の理由

中学生や高校生などの子どもの家出の理由は、大きく分けて、家族・家庭の問題の場合と、家の外、主に学校などの人間関係やいじめによるものの場合の2パターンに分けられます。

家族・家庭の問題の場合の家出の理由としては以下の様なものが考えられます。

・夫婦仲が悪く、夫婦喧嘩が絶えない
・両親の離婚
・両親の浮気や不倫
・家計が苦しく、金銭的に厳しい環境である
・父親や母親からの暴力
・しつけが厳しすぎる環境
・兄弟や姉妹間での扱いの違い(兄や姉、弟や妹ばかり優遇されている等)

上記のような環境に子どもが置かれている場合、家にいることが苦痛で、嫌になり家出をしてしまうということが考えられます。もし、子どもの家出に対してすぐに理由がわからない場合、上記に当てはまるようなことがないかどうか一度考えてみましょう。

そして、子どもが家出から帰ってきたり、見つけることができた場合、頭ごなしに叱るのではなく、子どもがストレスを感じている環境を少しでも改善してあげられるようにしましょう。

学校などの人間関係やいじめによる家出の理由としては、以下の様なものが考えられます。

・中学や高校など、学校でいじめを受けている
・学校の人間関係でうまくいっていない
・部活で先輩や後輩との人間関係で悩んでいる
・定期テストや受験勉強で悩んでいる

この中でも特に危険なのは、いじめによる家出です。子どもにとって、学校は自分の世界の中でも非常に大きな面積を占める場所です。そこで、毎日のようにいじめを受けていると、絶望的な気持ちになり、死んでしまいたい、自殺してしまいたいという考えにいたってしまう場合があります。

そして、子どもは自分がいじめを受けていることが恥ずかしいと感じるため、両親には隠している場合が大半です。学校帰りに子どもが憂鬱そうな顔をしていたり、学校に行くのを嫌がっているようなそぶりを見せていたとしたら、家出の理由はいじめかもしれません。

いじめが理由の家出では、前述のような最悪のケースも考えられるため、いちはやく家出調査を開始することをおすすめします。

旦那や妻、両親や兄弟などの大人の家出・失踪の理由

旦那や妻、両親や兄弟などの大人の家出・失踪の理由として考えられるのは、大きく分けて以下の3つのパターンが考えられます。

・夫婦関係の悪化、DVやモラハラによる家出
・浮気や不倫による家出
・借金苦や事業の失敗による失踪

特に危険なのは、借金苦や事業の失敗による家出・失踪です。こういった理由による家出では、最悪の場合自殺といったことも考えられます。早期に家出調査を行うようにしましょう。

また、浮気や不倫をしており、家にこれ以上いたくない、旦那や妻といっしょに時間を過ごしたくないという理由で、不倫相手のところに家出をしてしまうといったパターンも、今後の家庭環境のことを考えると、早期に居場所を特定し、離婚や慰謝料請求をするなり、不倫相手と別れさせるなり、対応をとる必要があります。放置しても、事態が悪化するだけです。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

家出調査・失踪調査として依頼されるケース

家出調査や失踪調査は、調査対象者が自分の意思で姿を消し、その後行方をくらまして、自分の居場所を隠している場合の調査のことを指します。この、家出調査や失踪調査が依頼されるケースにはどのようなものがあるのでしょうか。こちらでは、家出調査・失踪調査としてよく依頼されるケースをご紹介していきたいと思います。

中学生や高校生の息子・娘が家出をした

家出調査の依頼として最も多いのは、中学生〜高校生くらいの年齢の息子や娘が家出をしてしまい、家に帰ってこない、行方がわからないというものです。中学生や高校生の家出の場合、できるだけ早期に調査を開始する必要があります。というのも、中学生や高校生はお金もそう多くは持っていないため、お金がなくなれば、大人やまわりを頼らなければ生きていくことができないからです。

家出少女や家出少年が頼る先というのは、たいていの場合そうした家出少女や少年を不当に利用しようとする大人たちです。水商売のお店で働かせられたり、性的に搾取されるような環境で働かされたりなど、家出が長引けば長引くほど、事件や事故に巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

さらに、最近ではインターネットで知り合った人の家に泊まらせてもらい、その見返りに肉体関係を求められるといった時間も発生しています。「子どもの家出くらい大丈夫」と楽観視することなく、早期発見のためには、1日もはやく捜索を開始すべきであると心得ましょう。

妻や夫が家出をして数日帰ってこない

妻や夫が家出をしてしまい、数日帰ってこないというご相談も探偵には頻繁に持ち込まれます。

さまざまな理由が考えられますが、危険なのは、事業に失敗したり、借金を抱えて苦しんでいたりした場合の家出です。こういったケースでは、最悪の場合、家出人・失踪人が自殺してしまうケースが考えられます。このような悩みを抱えたり、うつ病などの精神疾患にかかっていた場合は、とにかく急いで探しだす必要があると認識しましょう。

また、旦那や妻に浮気や不倫の兆候があった場合も要注意が必要です。実は、ずっと不倫関係にある相手がいて、その人の家にいっしょにいたり、新しく家をかりて、既に不倫相手と同棲生活をはじめている場合があります。このような場合は、数日後に記入済みの離婚届があなたのもとに届く可能性もあります。このような場合は、早期に家出調査・浮気調査を開始し、旦那や妻の居場所を突き止め、浮気の証拠写真を撮影する必要があります。

浮気の証拠写真を撮影することさえできれば、旦那や妻、不倫相手に慰謝料請求をしたり、相手からの離婚請求を拒否することができます。浮気や不倫をしている人のことを、法的には「有責配偶者」と呼び、この有責配偶者からの離婚請求は認められないと法律で決められているのです。そのため浮気の証拠写真があれば、相手は有責配偶者であることが証明できるため、離婚請求を拒否することができます。

いずれにせよ、早期発見のためには、早期に家出調査を行う必要があります。

妻が子どもをつれて出て行ってしまい、どこにいるのかわからない

妻が子どもを連れて出て行ってしまったというケースの場合、多くは子どもを連れて実家に帰っているというパターンでしょう。

しかし、実家に帰っていない場合は、友人の家や不倫相手の家に子どもを連れて居候している可能性もあるため、早期に調査を開始して居場所を突き止める必要があります。

父親や母親が失踪してしまい、どこにいるのかわからない

父親や母親など、自分の両親が蒸発・失踪してしまい、どこにいるのかわからないので調査をして欲しいという御依頼も多々あります。

妻や夫の家出と同様に、借金苦に悩まされていたり、会社が倒産したり、リストラにあったり、あるいはうつ病などの精神疾患にかかっている場合は、早期に家出調査を開始して、最悪のケースを防ぐ必要があります。

婚約者が突然家出・失踪をしてしまい、帰ってこない

自分の婚約者が突然家出・失踪をしてしまい、数日家に帰らず、携帯でも連絡が取れない、心配なので捜索して欲しいという御依頼もあります。

他のケースと同様に、家出や失踪の期間が長くなればなるほど、発見率が低下します。うつ病やその他の精神疾患を患っていたり、最近精神的に不安定だったり、ふさぎこみがちであったり、仕事や人間関係で悩んでいた、という場合にはすぐにでも家出調査・失踪調査を開始し、所在を明らかにして保護する必要があります。

いずれにせよ、発見にいたり、帰宅をしたら何があって、どんな思いで家出や失踪をしてしまったのかをしっかりと聞いてあげましょう。婚約者だからこそ、困ったり悩んだ時にはあなたの支えが大切です。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

人探し・所在調査として依頼されるケース

家出調査や失踪調査とは異なり、調査対象者が自分の意志で姿を消したり、自分の意思で自分の居場所を隠しているという場合ではないときの人探し・所在調査にはどのようなものがあるのでしょうか。こちらでは、人探し・所在調査としてよく依頼されるケースをご紹介しましょう。

遺産相続手続きのために疎遠になってしまっている親戚を探して欲しい

人探しとして御依頼いただく理由として非常に多いのが、こちらの「遺産相続手続きのために疎遠になってしまっている親戚を探して欲しい」というものです。

遺産相続の際、法定相続人となっている人がいるが、その人と連絡を取ることができず、今どこに住んでいるかもわからず、遺産相続の手続きが進められず困っているという方が人探しの依頼をされます。

恩人や恩師に連絡を取りたいが、昔の住所しか知らない

自分が昔世話になった人や、部活や学校の恩師に連絡を取りたいが今の連絡先・住所がわからないので探して欲しいというご要望をいただくことがあります。こうした御依頼は比較的素早く探しだすことができます。

元カレや元カノに連絡を取りたいが連絡先がわからない

元カレや元カノの居場所を知りたい、連絡先を知りたいという御依頼は数多く探偵に寄せられます。しかし、こうした依頼はストーカー規制法に抵触しない範囲でしか調査を行うことができません。正当な理由があり、調査対象者の許可がなければ連絡先や住所を伝えることはできません。

国内海外を問わず、旅行先で出会った人を探して欲しい

「旅行先で少しの間旅程を共にした」「一目惚れしていたが、連絡先の交換をするのを忘れてしまった」というような理由で旅行先で出会った人を探しだして欲しいという御依頼を頂くことがあります。

過去の恋人や友人、知人に謝りたいので、連絡先が知りたい

過去に恋人や友人と喧嘩別れをしてしまったり、望まない形で別れてしまった場合、過去の一件について謝罪をして関係を修復したいという理由で、連絡先が知りたいというご要望を頂くことがあります。

前職や学生時代のアルバイト先で知りあった人、先輩・同僚などに結婚式の招待状を送りたい

自分が結婚することになり、結婚式の招待状を送りたいが、連絡先がわからないので、調べて欲しい、探しだして欲しいという御依頼があります。

両親が離婚しており、自分が幼いころに生き別れてしまった兄弟・姉妹に会いたい

両親が幼い頃に離婚していて、生き別れになってしまった兄弟・姉妹がいる方が、大人になって生き別れの兄弟に会いたいということで、こうした御依頼を頂くことがあります。

両親が離婚しており、実の父や母に会いたいので居場所を探して欲しい

さきほどの生き別れの兄弟と同様に、連絡先や居場所がわからない自分の実の父や母に会いたいという御依頼も探偵にはよく寄せられます。

離婚をして長年会っていない子どもに会いたい

先ほどのケースとは逆のパターンで、離婚をしてしまい、長年会っていない子どもに会いたいので、居場所を探しだして欲しいというご相談も探偵には寄せられます。

小学校・中学校時代の友人の連絡先が知りたい

小学校や中学校時代の友人とは連絡先を交換しておらず、そのまま疎遠になってしまっているが、連絡を取りたいという場合に、探偵にこうした御依頼が寄せられることがあります。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

人探しの調査・所在調査が成功する鍵になるもの

いくら人探しのプロでも、真っ白な状態から調査するのは非常に難しい事です。探偵調査の確率を高めるのは、基礎となる『調査対象者の情報』です。名前や出身地は勿論ですが、外見や癖、趣味、好んで外出していた店や食の好み、性格なども、内向的であるのか外向的であるかも調査にとても役に立ちます。

外向的な人は、失踪しても『お気に入りの店や場所』を作りますし新しい交遊関係も結びやすいです。ほんの小さな事が、探偵の調査の確実性を高くしてくれますので、所在調査を依頼する時には本当に小さな事も伝える事が大切なのです。

家出人・失踪人・行方不明者に関する統計データ

家出人・失踪人・行方不明者の総数

平成25年中に捜索願(行方不明者届)を受理した行方不明者は83,948人となっており、前年比+2,837人(3.5%)となっています。

家出人・失踪人・行方不明者の男女比

家出人・失踪人・行方不明者の男女比は、平成25年の統計情報によると、男性がの64.2%、女性が35.8%となっています。

年齢別の家出人・失踪人・行方不明者数

10代が19,858人で、全体の23.7%。続いて多いのが、70歳以上(15,160人、18.1%)、20代(14,952人、17.8%)、30代(11,179人、13.3%)の順となっています。成人・少年別では、成人のほうが多く、63,147人で全体の75.2%となっています。

家出や失踪の動機・原因

家出や失踪、行方不明の動機・原因は、家庭関係が17,919人で、全体の21.3%。次いで疾病関係(16,245人、19.4%)、事業・職業関係(9,095人、10.8%)、学業関係(2,386人、2.8%)の順となっています。

家庭トラブル、病気関係、仕事・お金関連が原因の家出や失踪が全体の半数以上を占めています。

行方不明者届受理(失踪・家出開始)から所在確認(発見)までの期間

upload2016-10-05-11-49-06

冒頭でもご紹介しましたが、家出人・失踪人・行方不明者の発見は、その7割が1週間以内となっています。そこから日が経つにつれて、発見確率が下がっていくため、早期に調査を開始することが非常に重要です。

まとめ:人探し・家出調査の方法

警察に届出をして悶々と待つよりも、探偵事務所に家出人調査・失踪人調査を依頼して確実に探し人を見つけ出して貰うのがなによりです。依頼内容により調査の方法や時間も異なりますが、早期の依頼が確実な事は間違いありません。迷うよりも、大切な人ともう一度再開する事を強く願い、探偵事務所に調査を依頼してください。

◇ 【探偵見積もりドットコム】 - あなたの大切なご家族の家出や失踪ついてオペレーターに匿名で無料電話相談ができます。1分で完了するかんたん入力で家出調査・失踪調査、人探しにかかる費用もすぐにわかります。

参考:警視庁

人探し・家出調査の方法をプロがご紹介(家出・失踪・捜索願編)