【調査事例】離婚調停中の夫が家に盗聴器を仕掛けていた!

【調査事例】離婚調停中の夫が家に盗聴器を仕掛けていた!

  • はてな

では、盗聴器を仕掛けられている可能性がある場合、私たちはどうすればいいのでしょうか。今回は、実際の調査事例を交えながら詳しくご紹介したいと思います。

[upload]48700d1d8be6c33d6fff4e4c1baeb25a_s

盗聴器を仕掛ける、なんてドラマや映画だけの話と思いがちですよね。しかし最近は手軽に盗聴器を入手できるようになったということもあり、誰でも簡単に盗聴器を仕掛けることができるようになっています。
では、盗聴器を仕掛けられている可能性がある場合、私たちはどうすればいいのでしょうか。今回は、実際の調査事例を交えながら詳しくご紹介したいと思います。

(1)増加傾向にある盗聴被害

盗聴器というと、テレビや映画でスパイ等が使うもので自分には関係ないもの、と思ってしまいがちですよね。しかしこの盗聴器、実は誰でも簡単に入手することができるのです。
試しにネットショップやオークションサイト等で検索をしてみてください!驚くほど安い価格で盗聴器が販売されていて、ビックリするはずです!

■盗聴器自体は違法なものではない!

そしてこの盗聴器、困ったことにこれを販売・購入すること自体は違法でも何でもないのです。もちろん盗聴器を仕掛けるために相手の家に入ると不法侵入になりますが、盗聴器を手軽に入手できることが、盗聴犯の犯罪意識を低くしていることは確かでしょう。
実際、日本では盗聴による被害が年々増加傾向にあるのです。

(2)盗聴器に関する調査は探偵にお任せ!

では、もしも自分の家等に盗聴器を仕掛けられている可能性がある場合、どうすればいいのでしょうか。その対策としては、探偵に盗聴器調査を依頼する、という方法をおすすめします。
“探偵”というと素行調査をしたり浮気調査をしたり・・・、といったことを思い浮かべがちですが、探偵は、盗聴器調査に関するノウハウもしっかりと身に着けています。

■こんな場合は要注意!

盗聴器がしかけられている可能性が疑われる例としては、以下のような場合が挙げられます。
・自分以外に、誰かが家に入った形跡がある
・ストーカーや元夫、元カレなどから執拗な嫌がらせを受けている
・いつも誰かに監視されているような気がする
・自宅の周辺で、元夫や元カレの車をよく見かける
・最近、電気の使用料が高くなった

こういった点に心当たりがある場合は、探偵に盗聴器調査を依頼されることをおすすめします。

(3)【調査事例】離婚調停中のF様。調査により夫が盗聴器を仕掛けていたことが発覚!

では、盗聴器調査を探偵に依頼した場合、その後はどのような感じで調査が進んでいくのでしょうか。ここからは、実際の調査事例をご紹介します。

■離婚調停中のF様には、最近気になることが…

今回ご依頼をいただいたのは、現在ご主人と離婚調停中であるF様です。
F様はご主人と別居して半年になるのですが、3か月ほど前、自宅に何者かが侵入した形跡があったのだそうです。また自宅の近くにご主人の車が停まっているのを見かけることが増えたり、別居しているはずのご主人が、F様が部屋で友達と会話していた内容を知っていたりというように、「もしかして盗聴器を仕掛けられているのかも・・・」と思うようなことがありました。

■早速、調査開始!

F様のご依頼を受け、弊社では早速盗聴器調査を開始しました。
具体的には
・室内電波点検
・電話機や回線上の電波点検
・MDFやIDF、PBXの点検
・電力線搬送波点検
・埋蔵型盗聴器点検
・目視点検
等を実施し、盗聴器の有無を確認していきます。

■F様にご協力いただき犯人を特定

今回の調査では、F様宅のリビングと寝室から盗聴器が発見されました。
ただ、調査はここでは終わりません。というのもF様のご依頼には“盗聴器を仕掛けた犯人の特定”も含まれておりましたので、F様協力のもと盗聴器はいったんそのままにしておき、犯人を特定するための調査に進みました。
そして調査の結果、なんと、盗聴器を仕掛けたのはF様のご主人であることが判明したのです!

■調停を有利に進めることに成功!

調査の結果をF様にお伝えしたところ、「やっぱりそうだったか・・」という反応でした。
そしてF様はこの調査結果を離婚調停中の夫に伝え、法的処置も辞さないことを伝えたのだそうです。そしてその結果、離婚調停を有利に進めることができた、ということでした。

(4)探偵に盗聴器調査依頼をする際の注意点

探偵に盗聴器調査を依頼する場合、ひとつ気を付けて頂きたいことがあります。
それは、盗聴器が仕掛けられている可能性がある場所(例えば自宅や車など)からは、電話をしないようにする、ということです。盗聴器を仕掛けられている可能性を疑っていることが相手に知られた場合、バレる前に撤去しようと犯人が自宅に不法侵入してきたり、あなたに対して攻撃的な態度に出たりといったように、思わぬトラブルを招いてしまう可能性があるのです。

■車も同時に調査するのがオススメ

意外と見落とされがちなのですが、部屋に盗聴器を仕掛けられているという場合、車にも盗聴器がつけられている可能性があります。そこで探偵に盗聴器調査を依頼される際は部屋だけでなく、車についても調査してもらうことをおすすめします。

まとめ

盗聴器を仕掛けられていると、あなたのプライバシーが犯人に対して全て筒抜けになってしまいます。これは防犯面のことを考えてもかなり望ましくない状況であるといえますので、その可能性が疑われる場合は、迷わず探偵に盗聴器捜査を依頼することをおすすめします。

【調査事例】離婚調停中の夫が家に盗聴器を仕掛けていた!