妻が夫に隠れて借金をしていた時の対処方法とは?

妻が夫に隠れて借金をしていた時の対処方法とは?

  • はてな

そこで今回は、妻が内緒で借金をしていた場合に夫としてどうすればいいのか、ということについて解説したいと思います。

eec70b5fbd3df3e731cf9497e698f703_s

奥様が内緒で借金をしていたということが分かった場合、妻が払えなければ自分が肩代わりしなければいけないのか…、払わなくても済むことがあるのか…、内緒で保証人にされていたらどうしよう…、など色々と不安なことが出てきますよね。
そこで今回は、妻が内緒で借金をしていた場合に夫としてどうすればいいのか、ということについて解説したいと思います。

(1)妻の借金は夫が支払わなければならないのか

奥様が自分に内緒で借金をしていたという場合、まず気になるのは「夫である自分にも返済義務があるのか」ということではないでしょうか。籍を入れているということもあって、奥様が返済できない場合、自分が支払わなければいけないような気もしますよね。
しかしいくら夫婦であっても、借金は奥様“個人”がしたものです。そのため“夫婦だから”という理由だけで夫にまで借金の返済義務が発生するということはありません。つまり夫であるあなたは“第三者”にすぎず、妻の借金はあくまで貸金業者と妻との問題である、というわけですね。

■肩代わりする場合に注意すること
奥様が借りたお金を返すことができないという場合、夫であるあなたがこれを肩代わりして返済してあげることは、もちろん可能です。しかし肩代わりをする時は、二度と同じことを繰り返さないよう、奥様との間で「内緒で借金はしない」という約束を交わすようにしましょう。
お金の使い方や借金癖はある種の病気のようなもので、本人の意思だけで改善するのは難しい場合があります。そこで借金の肩代わりをする場合は、「今度内緒で借金をしたら離婚をする」といった内容の念書を書かせ、借金を刺せないようにすることが大切です。

またそれだけでは奥様の借金癖を治すことができないかもしれないという場合は、日本貸金業協会に対し、奥様名義での貸付自粛依頼をして奥様に対する新たな貸し付けをストップする、という方法もおすすめです。

(2)夫が払わなければいけなくなるケース

先ほど説明したように、いくら夫婦であても借金は“個人”がするものであるため、基本的に夫は何の責任も負いません。しかし場合によっては、夫に借金の支払い義務が生じる可能性があります。
それは、離婚をする場合です。

妻の借金を理由に離婚をするというケースは意外と多いのですが、離婚をする場合、「財産分与」によって夫婦の共有財産を分配する必要があります。そしてこの財産分与の対象になる“財産”には、プラスのものだけではなくマイナスのものも含まれます。

もちろん奥様の借金が自分のバッグやアクセサリーを購入したりパチンコに使ったりというようにあくまでも“自分のために”使ったお金であれば夫婦の共有財産とはみなされないのですが、生活費や子供の教育費など“家族のために”借金をしていた場合、この借入は夫婦の共有財産とみなされます。
すると妻が内緒でした借金は夫婦の共有財産となり、財産分与によって夫であるあなたが引き受けた分に関しては、支払い義務が生じることになります。

借入をする際は必ずその「使途」について記載する必要があるのですが、これを「生活費」としている場合には支払い義務が生じることがあります。

(3)勝手に保証人にされていた場合はどうすればいいのか

夫婦として同じ家で暮らしていると、夫の身分証明書や印鑑を用意に持ち出すことができます。そのため奥様が内緒で借金をしていたという場合、知らないうちに印鑑等を持ち出され、勝手に保証人にされてしまう、という可能性もあります。
では、勝手に妻の借金の保証人にされていたという場合、夫であるあなたはどうすればいいのでしょうか。

自分が了承していないのに無断で保証人にしていたことが判明した場合、これを速やかに貸金業者に伝えることで契約を向こうにすることができます。貸金業者が補償契約を締結する場合、必ず本人に保証意思の確認をしなければなりません。
そのため自筆のサインをしておらず知らない間に保証人にされていたという場合には、「自分には保証義務がない!」と強気で主張しましょう。

■保証意思がないなら支払ってはダメ
仮に自分の知らないところで保証人にされていたとしても、保証人であることを知った後にあなたが1円でも返済をすると、保証契約を「追認」したとみなされ、その後は正式な保証人になってしまいます。
そのため保証をする意思がないのであれば、どんなにしつこく請求されたとしても絶対に返済しないようにしましょう。

まとめ

以上のように奥様が無断で借金をしていたという場合、基本的にはあなたに何の責任も発生しません。ただし借金が財産分与の対象となる“共有財産”として認められたり保証人になっていたりした場合、返済義務が発生する可能性があります。
そのため奥様の借金が発覚した場合はまず落ち着いて、事実関係の確認をするようにしましょう。慌てて肩代わりをしたりしないことが大切です。

妻が夫に隠れて借金をしていた時の対処方法とは?