必見!探偵が教えるLINEで旦那の浮気・妻の浮気を見破る方法まとめ

必見!探偵が教えるLINEで旦那の浮気・妻の浮気を見破る方法まとめ

  • はてな

あなたは夫の浮気や妻の浮気を疑ったことはありませんか?LINEから浮気を見破る方法をプロの探偵が徹底解説。LINEを既読にせず未読のままトークを見る方法や、PC版LINEの使い方をご紹介しているので、無料で浮気の証拠をつかむ浮気調査ができます。

浮気調査の相場と費用を安くする7つの方法

lineの画像

みなさんこんにちは。お悩み解決ナビの佐藤です。

今回は、旦那の浮気や妻の浮気で必ずといっていいほど使われている、LINEから不倫を見破る方法を、浮気調査の専門家である探偵見積もりドットコムベテランスタッフの協力を得て、まとめてみました。

「最近旦那や妻の行動がなにやら怪しい…」
「旦那の仕事の帰りが遅い…」
「スマホを持って隠れてLINEをしているところをよく見る」
「夫・旦那・妻・彼女・彼氏がスマホや携帯にロックをかけだした」

などなど、旦那や妻の浮気の兆候を感じとっている方は、パートナーのLINEをチェックしてみるとよいかもしれません。というのも、LINEはスマホを持っている人がほとんどインストールしているため、浮気や不倫でも当然のように不倫相手との連絡手段としても使われているのです。

最近では芸能人のベッキーとゲスの極み乙女の川谷絵音さんとの不倫でのLINEが週刊誌に暴露されたことでも話題になりました。今回はそんな「LINEで浮気をされているかもしれない」といったお悩みをお持ちの方に、LINEにまつわる旦那や妻の行動や、LINEのアプリ自体から旦那の浮気や妻の浮気を見破る方法を、浮気調査のプロである探偵が伝授いたします。ぜひ参考にしてみてください。

LINEが浮気・不倫に最適な理由

なぜこんなにLINEが浮気に使われているのでしょうか?それには、LINEの構造上の様々な理由があります。まずは、その理由を見てみましょう。この理由を逆手にとることで、旦那の浮気や妻の不倫を簡単に見破ることができるようになります。

ほぼ全ての人が使っているからLINE ID(連絡先)を交換しやすい

まず、LINEがこれだけ浮気・不倫に使われている理由としてあげられるのが、こちらになります。男女でなくても、人との出会いの場での連絡先を交換する手段として、まず出てくるのが、「LINE交換しよう」というものです。

いまや、ほぼ全てのスマホユーザーがインストールしているといっても過言ではないLINE。合コンやナンパ、その他職場での出会いでも、最初に交換する連絡先はLINEである可能性が非常に高いのです。

昨今は個人間でのやりとりにメールはほとんど使われていません。docomoやSoftBank、auといったキャリアメールを最近交換した記憶はありますか?電話番号ですら、最近はあまり交換されなくなっているようです。そのため、はじめに交換した連絡手段であるLINEが継続して、浮気相手・不倫相手とのやり取りに使われることが多いようです。

簡単にトーク履歴を消せる

次に、簡単にやり取り(トーク履歴)を消してしまうことができるというのが、LINEが浮気に使われやすい理由としてあげられるでしょう。LINEを使っている人ならご存知かと思いますが、トーク一覧画面で、消したい人の名前を左にスワイプすれば、簡単にその人とのトーク履歴を全て消してしまうことができます。注意深い人なら、LINEのやり取りをするたびにトーク履歴を消去しているでしょう。

たとえば急に妻や夫から浮気を疑われ、スマホやLINEの中身を見せて!と言い寄られたときも、「わかった、ロックを解除するよ」と言いながら、スッとその場でLINEの履歴を消してしまうことも可能なのです。こういった、いつでも消せる・すぐ消せるというのが、浮気や不倫をしている人にとっては、いざというときの証拠隠滅が簡単という意味でも、非常に重宝されているようです。

かつてのメールでのやりとりであれば、受信メールと送信メールをそれぞれ消していかなければならなかったものが、指先ひとつですぐに消すことができてしまうわけです。

簡単に通知をOFFにできる

LINEが浮気に向いている理由の一つとして、簡単にLINEのメッセージ受信通知を簡単にオフにすることができるという点があげられます。

LINEにくる、すべてもメッセージや通話の通知をロック画面に表示させないようにすることもできますし、スマホを触っているときにも画面上部などに表示させないようにすることもできます。ただし、LINEの全ての通知をオフにしてしまうと不便ですし、旦那や妻にLINEの通知をオフにしていることを突っ込まれ、浮気や不倫を疑われてしまう可能性もあります。

そのため、友だちリストの中から、その人のLINEだけを通知しないように個別に設定することもできます。つまり、浮気相手や不倫相手のLINEだけを通知しないようにして、あとでこっそり確認、といったことができるのです。

通話が無料で、着信履歴・通話履歴が簡単に消せる

さきほどのトーク履歴と同様に、通話履歴も簡単に消すことができます。LINEは、通話履歴もトーク画面にチャット内容と同様に表示されるため、トーク履歴を消せば、別で通話履歴を消さなければいけないということはありません。

かつて、ガラケーではメールを一通一通、受信メールも送信メールも削除して、着信履歴も受信履歴も削除…という非常に面倒なことをしなければならなかったのです。

しかし、LINE時代の浮気は、それも、シュッと指を左にすべらせるだけで、一瞬で削除できてしまうのです。なんて、便利で恐ろしいのでしょうか。さらに、LINE通話の場合は、電話と異なり、どれだけ通話をしても無料です。そのため、浮気相手とよく電話をする人には大変重宝されているようです。

不倫相手の名前をLINE上で変えられる

さらに、LINEでは相手の名前をこちら側のスマホで簡単にかえることができます。たとえば「みき」と登録されている名前を「山本雅治」に登録して、男性に偽装するといったことが容易にできるのです。

浮気相手の名前を、会社の同僚や同性の友人にかえておくことで、LINEの通知がスマホの画面に表示されても、急に妻や夫にスマホを見られても問題ない状態にすることができます。

不倫相手・浮気相手を友だちリストから非表示にできる

さらに、LINEでは友だちリストから、特定の人物の名前を非表示にすることができます。友だち一覧から名前を消し、トーク履歴も削除しておけば、あなたのパートナーが浮気相手の痕跡に気づくことはほぼありえません。なんでこんな機能があるんだろう?浮気のためのアプリなのか…?と思ってしまうほどです。ただし、これも見破る方法がありますので、それはのちほどお伝えいたします。

いざとなればブロック→ブロックリストからの削除

たとえトーク履歴を頻繁に削除し、友だちリストから浮気相手の名前を非表示にしたり、名前をかえていても、妻や夫にスマホを見られている時に「今度いつ会う?」「あの日は楽しかった」といったメッセージがとんできたら、言い逃れをすることが難しくなるでしょう。そのため、浮気や不倫を疑われていると気づいた人は、浮気相手や不倫相手をブロックしてしまうのです。こうすることで、相手からLINEがとんでくることはなくなります。

さらに、ブロックをするとブロックリストという一覧画面でブロックをしている人の一覧を見ることができるのですが、用意周到な人はこのブロックリストからも、浮気相手の名前を消去しています。こうすることで、完全に浮気相手の痕跡を消すことができます。こういう人は疑われている間は、他の連絡手段で連絡をとり、ほとぼりがさめたころに、ブロックを解除してまた、LINEでやりとりをはじめます。

まずはスマホの置き方をチェック

b29282e8395296330b1f5bed5efaaed9_s

まずは、普段のスマホの使い方をチェックしてみましょう。あなたの夫や妻、恋人は自分のスマホを机に置くとき、画面を上に向けておきますか?下に向けておきますか?実はこれ、かなりの確率で浮気が見抜けます。

というのも、浮気をしていない普通の人は、画面が傷つくのを嫌がるので、当然画面を上に向けてスマホを置きます。当然ですよね。何か通知が来た時もぱっと確認することができるので、そのほうが便利なのです。

しかし、浮気や不倫をしている人は、あなたに通知や電話がかかってきたときの発信者の名前を見られたくないがために、自然と意識をしていなくても、普通とは逆向き、つまり画面を下にして机の上においてしまうのです。これは、よく考えればとても不自然なことなのですが、日常的な習慣になっている場合、相手が特に意識することなく行っていることでもあります。

いっしょに時間を過ごしていれば、机の上にスマホを置くような機会は幾度と無くあるはずです。その際に偶然ではなく、何度も画面を下にしてスマホを置く場合、かなり怪しいと判断してください。

LINEがきたときの旦那や妻の行動をチェック

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_s

パートナーのスマホのLINEの中身を隠れて見ようとする前に、パートナーがあなたの前でスマホを使っているときの行動をチェックしましょう。怪しいと思ったほうがいいのは下のような行動を見せたときです。

・LINEでメッセージがきたときに画面を確認しようとしない
・LINEの通知を見ても、その場で開かない
・LINEでメッセージがきたときに画面を隠す

おわかりですよね。普通、LINEの通知がきたら、急ぎの用事ではなくとも、内容を確認するはずです。ましてや、画面を隠したりするのはなにか後ろめたい相手からの連絡である証拠です。不倫相手からのLINEは旦那や妻の前では確認しづらいものです。

スマホにパスコードロック・パスワードをかけていないかどうかをチェック

smartphone1

つぎに、あなたがパートナーの寝ている間などに、パートナーのスマホを自由に触ることができる状況にある場合、まずはパートナーのスマホを操作して、スマホ自体にロックをかけていないかどうかを確認しましょう。ロックをかけている場合、パートナーの誕生日や結婚記念日など、パートナーが使いそうなパスワードを推測してロックを解除できないかどうか、確かめてみるとよいでしょう。

ただし、iPhoneの場合、注意してください。パスコードの入力を何度も連続して間違えると、その間違えた回数に応じて、iPhoneが全く使用できなくなります。画面上に「iPhoneは使用できません」「◯分後にもう一度試してください」と表示がされてしまいます。間違えた回数と使用不可になる時間を下記にまとめておきます。

iPhoneの間違ったパスコードの入力回数別の使用不可時間

6回失敗  1分使用不可
7回失敗  5分使用不可
8回失敗  15分間使用不可
9回失敗  60分間使用不可
10回失敗  60分間使用不可

もし、連続してパスコードの入力に失敗して、その画面をパートナーが見てしまうと、あなたがロックを解除して、iPhoneの中身を見ようとしていたことがばれてしまいます。そんなことがないように、慎重に作業を行ってください。

※なお、パートナーの同意を得ずにパスワードを入手し、中身を見ることは法律に触れる可能性があるため、当サイトではこの方法は推奨いたしません。

スマホの通知画面からLINEのメッセージを確認する(iPhone/Android)

まず、LINEの中身のチェックに入る前に、スマホの通知画面からLINEのメッセージを確認しましょう。ご自身でスマホをお使いの方はご存知かと思いますが、ホーム画面で画面上部を上から下にスワイプさせると、iPhone・Androidともに通知画面が表示されます。

アプリからの通知が一覧で表示されていますので、ここからLINEの通知を探し出しましょう。メッセージ内容の一部が確認できますので、ここから浮気チェックをすることができます。なお、ここで通知をチェックしても既読マークはつきませんので、非常に安全にトーク内容を確認することができるのでおすすめです。

LINEにパスコードを設定していないか確認

スマホにロックがかかってないあるいはロックを突破できたら、まずはLINEのアプリアイコンをタップしましょう。実はあまり知られていないのですが、LINEはアプリ自体にもロックをかけることができるのです。

もし、LINEにロック(パスコードの設定)がかけられていた場合、浮気や不倫をしている可能性はかなり高く、怪しいと言わざるをえません。なぜなら、いちいちLINEを開くたびに、4桁のパスコードを入力しなければならなくなるからです。スマホ自体にもパスコードが設定されているのに、わざわざLINEにまでパスワードを設定しているということは、何かやましいこと(不倫相手とのやりとりなど)が隠されていると思って間違いありません。

LINEのトーク履歴を確認

LINEを見ることができた場合は、まずはトーク履歴を確認しましょう。ここで注意してほしいのが、もし、トーク履歴に未読メッセージがあった場合は絶対に見ようとしないで下さい。そのまま見てしまうと、パートナーが見ていないメッセージに既読がついてしまい、あなたがLINEを勝手にのぞいたことがばれてしまいます。

友だちの名前やトーク内容を確認し、浮気相手や不倫相手とのデートの計画や、「愛しているよ」「好きだよ」「次はいつ会える?」といった怪しい内容がないかどうかをくまなくチェックしましょう。浮気や不倫と思われる内容が書かれていた場合は必ずあなたのスマホで写真を撮って、証拠を保存しておくようにしましょう。

スクリーンショットよりも、旦那や妻のスマホごと、画面を写真におさめたほうが、データの改竄などもしにくく、余計な証拠も残りにくいため、この方法を使うようにしましょう。

LINEのトーク履歴が削除されていないかどうかをチェック

LINEのトーク履歴は、やりとりをした最新順に上から並んでいます。トーク履歴が上の方にあるのに、トーク内容をみると、2、3通しか履歴が残っていなかったり、会話が不自然に切れていたりしたら、要注意です。LINEは、トーク履歴を簡単に消すことができます。

そのため、あなたに見られたくないような内容をやりとりしていた可能性が大です。トーク履歴が削除されていないかどうかは、浮気を判断する上で非常に重要になりますので、必ずチェックしておきましょう。

ラインのトーク履歴をバックアップして、ゆっくり確認する

LINEには、トーク履歴をバックアップして、保存しておく機能があります。これをつかって、浮気相手と思われる人物とのトーク履歴を全てバックアップし、あとからパソコンなどでゆっくり確認する方法があります。Android、iPhoneのそれぞれの方法をお伝えします。

AndroidでLINEのトーク履歴をバックアップする

Androidでトーク履歴をバックアップするためには、まず、バックアップしたいトークの画面を開きます。バックアップして復元できるのは、1対1トークまたはグループトークのみです。グループとして作成されていない「複数人トーク」はバックアップができないので、注意が必要ですが浮気相手とのやり取りの場合はあまり関係ないので、気にしなくてOKでしょう。

次に、トーク画面右上の[∨]ボタンをタップして表示されたメニューから、[トーク設定]をタップしましょう。次の画面で[トーク履歴をバックアップ]をタップします。すると、[テキストでバックアップ]と[すべてバックアップ]が表示されるので、前者の[テキストでバックアップ]をタップしましょう。しばらく待つと、ファイルの作成が完了するので、そのファイルをメールで自分宛てに送信しましょう。できたファイルはテキストファイル形式になっているので、ダブルクリックをすれば、どんなパソコンでも中身を確認することができます。

※送信したメールは、念のため削除し、ゴミ箱からも消しておくようにしましょう。

iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップする

iPhoneのLINEでトーク履歴をバックアップするためには、まず、履歴を保存したいトークを選んでひらきましょう。そして、トーク画面右上にある[∨]ボタンから、メニューを表示させ[設定]をタップしましょう。次の画面で表示される[トーク履歴を送信]とタップすると、[メールで送信][その他のアプリ]が表示されます。ここで、メールで送信を選び、あなたのメールアドレスを入力して、送信しましょう。受信したメールに、トーク履歴のテキストファイルが添付されていますので、この内容を確認しましょう。

※送信したメールは、念のため削除し、ゴミ箱からも消しておくと良いでしょう。

LINEの未読メッセージを見たいときは

ちょうどパートナーのスマホでLINEを見ている途中で、怪しい友だちからメッセージがくることもあるかもしれません。未読メッセージを確認したいけれども、見てしまうと「既読」がついてばれてしまう…。

そんなときに、パートナーにばれずにこっそりとメッセージを確認したい場合は、一度「機内モード」にしてメッセージを確認しましょう!機内モードにすることで、インターネットにつながらない状態をつくることができるので、その状態でメッセージを見て、その後LINEアプリをしっかりと閉じた後で(ホームボタンを2回タップして、マルチタスクからLINEのアプリを上にスワイプする)「機内モード」を解除すれば、既読マークはつきません!ただし、一部のAndroidの端末ではこの方法が使用できないので、下記の方法も試してみてください。

また、通知画面から、LINEのメッセージ内容を一部確認することができます。こちらは、iPhoneでもAndroidでも、絶対に既読はつきませんので、より安全と言えるかもしれません。

LINEで個別通知をオフに設定している友だちがいないか確認

次に、トークの右上の下矢印のボタンをタップして、その友だちの通知がOFFになっていないかどうかを確認しましょう。何か他の人に見られたくない理由がある関係の友だちの場合、通知をOFFにしている場合があります。他の人は一切通知をOFFにしていないのに、その友だちだけ通知がOFFになっている場合、かなり浮気・不倫の可能性があると思って間違いないでしょう。

LINEの非表示リストを確認

さらに、「非表示リスト」も確認しましょう。非表示リストに追加すると、普通の会話(トーク)はできるのですが、友だちリストに表示されなくなります。つまり、トークを隠れて頻繁に消しながらやり取りをするが、友だちリストには表示したくない関係の人、ということになります。

つまり、この非表示リストに追加されている人は浮気相手・不倫相手である可能性がとても高くなるのです。できれば非表示リストを確認して、あなたのスマホで写真をとっておくとよいでしょう。非表示リストは「設定」→「友だち」→「非表示リスト」から確認することができます。

LINEのポップアップ通知の状態を確認

LINEの内容を確認することができたら、次はスマホの「設定」を確認し、通知状況を確認しましょう。(iPhoneであれば「通知センター」をかくにんしてください。)サウンドやAppアイコンバッジ表示、ロック画面に表示など、様々な通知項目がありますが、LINEでこちらの設定がオフにされていた場合、なにかやましいことがあるという証拠になります。

LINEはメッセージアプリですから、メッセージがきたことを知らせるこの通知を消すととても不便になるのです。それにもかかわらずわざわざ通知をオフにしているというのは、何かしら見られたら困るという意識が働いている、ということになります。

PC版のLINEでログインする - ベッキーやゲスの極み乙女のあの人もこうして流出してしまったのかも?

番外編として、浮気や不倫を疑っている夫や妻、恋人のLINEのやりとりをすべて見れてしまう裏ワザをお伝えしましょう。ベッキーやゲスの極み乙女のあの人もこうして流出してしまったのかもしれません。

その方法とは、「PC版のLINEでログインをする」です。ただし、注意点がいくつかありますので、よく確認してくださいね。

まず、パートナーのアカウントで、PC版のLINEにログインするためには、パートナーのアカウントのID(メールアドレス)とパスワードが必要になります。さらに、ログインの際にスマホのLINEで認証をする必要があります。その認証というのは、PC版のLINEでログインに成功すると、スマホ側のLINEに認証用の数桁の数字が表示されます。これを、PC版のLINEに入力をする必要があります。これがないと、IDやパスワードがわかっていても、中身を確認することができません。

さらに、PC版のLINEでログインをすると、スマホのLINEに「◯◯(パソコンの名前)でログインしました」というメッセージが届くため、隠れて確認するためには、これも消す必要があります。さらに、PC版のLINEは一度ログアウトして、もう一度ログインすると、再度同様のメッセージが届くため、注意が必要です。また、既読になっていないメッセージをPC版のLINEでみると、当然の事ながら既読マークがついてしまうため、これも注意する必要があります。

※なお、パートナーの同意を得ずにパスワードを入手し、中身を見ることは法律に触れる可能性があるため、当サイトではこの方法は推奨いたしません。

禁断!?クローンiPhoneを作成する

さらに恐ろしい方法として、クローンiPhoneを作成する、という方法があります。クローンiPhoneとは読んで字のごとく、全く同じ情報・アカウント・アプリを持った浮気調査したい相手のiPhoneのコピーを作成してしまうという方法です。つまり、iPhoneへのメッセージやLINEのトークも全て、クローンiPhone側にも送られてくるため、自由に見ることができるのです。実は、これ結構簡単にできるんです。

クローンiPhoneの作り方は、いま、あなたのパートナーが使用しているiPhoneをiTunesで「暗号化したバックアップ」をし、別のiPhoneで「暗号化したバックアップ」のデータをもとに復元するだけ。暗号化することにより、個人アカウントもそのまま復元されるため、ほぼ完全にコピーができてしまうというわけです。

LINEで位置情報を知らせてもらう

53c3bf99b83fe9abeb334f4815d03229_s

直接LINEをさわって浮気や不倫を見破るテクニックではありませんが、ひとつ覚えておいてほしいLINEの使い方があります。

LINEには、自分の位置情報を送る機能があります。これを使えば、旦那さんや奥さんが急に飲み会にでかけたときや、怪しい行動をしているときに、「本当に◯◯にいるの?本当に休日出勤なの?」「LINEで自分の現在位置を送ってよ」といって、居場所が本当にあっているのかを確かめることができます。「疑っているのか?」「そんなことしたくない」といって、拒否をした場合、違う場所にいて、本当は浮気をしている可能性が非常に高いでしょう。

自分の位置情報の送り方は、トーク画面左下の「+」ボタンをタップして、「位置情報」をタップします。これで、現在の位置情報が送れます。ただし、位置情報を偽装することもできるため、注意が必要です。100%信頼するのはやめておきましょうね。

購入した有料スタンプをチェック

浮気相手や不倫相手と頻繁にLINEでやりとりをしていると、相手との会話をもっと楽しみたい、相手を喜ばせたいという思いから、LINEの有料スタンプを購入することがあります。

いままで、あなたとの会話では一切スタンプを使っていなかったのに、突然スタンプを使い出したり、使うスタンプの種類が増えだしたら、要注意です。もしかすると、浮気相手にかわいいスタンプを送りまくっているのかもしれません。あるいは、不倫相手からプレゼントされたスタンプをついあなたとのやりとりでも使ってしまったのかもしれませんね。

トーク画面から「アルバム」「ノート」をチェック

LINEには、友だちやグループごとに、「アルバム(写真を保存しておける機能)」と「ノート(メモなどを残しておける機能)」があります。浮気相手かもしれない、あやしいと思われる異性のトーク画面から、右上の[∨]ボタンをタップして表示されるメニュー画面から、アルバム・ノートをそれぞれチェックしましょう。

もしかすると、トーク履歴は警戒して消していても、このアルバムやノート機能のことは忘れていて、浮気相手と二人で写った写真や、不倫旅行の計画のノートなどが出てくるかもしれません。ノートはあまり使われている機能ではありませんが、アルバム機能は女性がよく利用しているため、見ておく価値は十分にあります。くまなくチェックしましょう。

LINEのアカウントを複数持っていないかどうかチェックする

もし、あなたの旦那や妻が、スマホを2台持っていたり、iPadなどのタブレットを持っている場合、LINEのアカウントを複数持っていないかどうかチェックしたほうがよいでしょう。

スマホが2台あれば、何の問題もなく、複数のアカウントをつくり、片方を浮気相手との専用LINEにするといったことが可能になります。たとえば、iPadなどのタブレットであっても、facebookアカウントを偽名で作ることで、2つめのアカウントを持つことができます。これらのアカウントを使い、会社のパソコンや自分しか使わないパソコンでLINEにログインして、バレないように浮気相手と連絡をとる、といった使い方をしている人もいるようです。

もしLINEのトーク履歴を消されてしまったら…

なんとかLINEで浮気の証拠をつかみたい!でも、旦那や妻は頻繁にLINEのトーク履歴を消しているようで、なかなか浮気の証拠がつかめない、という方に、ひとつ有益な情報をご紹介しましょう。

それは、LINEのトーク履歴は、削除しても、消されるのはこちら側の端末からのみです。どういうことかというと、あなたの旦那や妻がLINEのトーク履歴を消していたとしても、浮気相手のLINEには、しっかりとそのやりとりが全て残っているのです。

つまり、もしあなたがいつか、浮気相手を特定し、その浮気相手のスマホに残っているLINEのトーク履歴を見せるように言った場合、たとえ旦那のスマホからトーク履歴が消えていても、その内容をしっかりと確認することができるのです。ただし、浮気相手のスマホのLINEのトーク履歴を確認できるような機会は、そうそうないとおもいますので、最終手段として覚えておく程度にしてくださいね。

LINEのトーク履歴を削除してもいつ連絡をとっていたのか確認する方法

さらに、LINEのトーク履歴を消されてしまった場合でも、浮気相手や不倫相手であると思われる人といつLINEで連絡を取り合っていたのかを確認する方法をご紹介しましょう。

まずは、トーク一覧画面に不倫相手と思われる人の名前が表示されていないかどうかを確認しましょう。表示されていなければ、次に不倫相手と思われる人の名前を友だちリストから探し、タップします。すると、トーク内容が何も表示されない画面が表示されます。この作業を行ったら、トーク一覧画面に戻りましょう。すると、この人とやりとりをしていた場合、トーク一覧画面のどこかにこの人の名前が表示されるのです。さっきまでは表示されていなかった場所にこの人の名前が表示されているのが確認できると思います。

こちらで注目すべき点は、トーク内容は消されてしまっても、名前をタップすると、過去にトークをしていたなら、順番は変わらずトーク一覧画面に表示がされるという点です。トーク一覧画面は最新順で並んでいるため、その人の名前の上と下の人のトークをやりとりしていた時間を見れば、だいたいいつやりとりをしていたかを知ることができるのです。

LINEのトーク内容まではわかりませんが、これにより、いつ連絡をとっていたのかを簡単に知ることができます。

LINEはなかなかみれない、そんなときに確実に浮気の証拠を手に入れる方法

LINEを使って浮気の証拠を手に入れるためのさまざまな浮気調査の方法をご紹介してきました。しかし、これらの方法は旦那や妻のスマホを比較的自由に触ることができ、かつ中身も見れる場合に限られます。

さらに、なかなかここまでの作業を旦那や妻にバレないようにやるというのは難易度が高いというのが実情です。さらに、残念ながら日本ではまだLINEのやりとりや2人のツーショット写真だけでは、法的に浮気の証拠とは認められていません。そこで、確実に、かつ法的にも浮気・不倫と認められる浮気の証拠を手に入れる具体的な方法をお伝えします。

それは、探偵に浮気調査を依頼することです。

浮気の証拠を手に入れたいなら探偵に浮気調査を依頼

旦那の浮気や妻の浮気が原因で、離婚や慰謝料請求をしようと考えられている方の多くが、探偵に浮気調査を依頼します。慰謝料請求をする際には、不貞行為(浮気・不倫を指す法律用語)があったことを、必ず客観的にわかるように立証する必要があるためです。

現状では、不貞行為があったことを立証する証拠能力のある浮気の証拠は、「ラブホテルや旅館などの宿泊施設、あるいは愛人宅などに、浮気相手とふたりで入っていく瞬間の写真や動画」のみとなっています。この浮気の証拠写真を素人の方が自分で撮影することは不可能なため、慰謝料請求をしたいという方の多くが探偵に浮気調査を依頼し、浮気の証拠写真を撮ってもらっているというわけです。

LINEのやりとりや写真は、残念ながら法的には浮気の証拠としては認められていないため、それだけだと、言い逃れをされてしまいます。探偵は浮気問題のプロですから、言い逃れのできない浮気の証拠写真を確実に撮影してくれます。

ただし、探偵事務所や興信所によって、浮気調査にかかる費用は大きく変わってくるため、

「東京で浮気調査をするときにおすすめの探偵事務所を紹介して欲しい」
「自分のような状況の場合、浮気調査の費用がどれくらいかかるのかが知りたい」

という方は、探偵見積もりドットコムまでお気軽にご相談ください。全国の探偵事務所の中から、厳しい審査をくぐり抜けた、信頼できる探偵社を無料でご紹介させていただきます。また、無料で浮気調査の費用のお見積りも行っています。

ラインがきっかけで旦那の浮気・妻の不倫が発覚した体験談・エピソード

最後に、ラインがきっかけとなって、旦那の浮気や妻の不倫が発覚してしまったという体験談・エピソードをご紹介します。

旦那のスマホへのLINE通知の多さから浮気が発覚!

Aさん(30代女性/専業主婦/東京都)の事例

Aさんの旦那さんは、都内の会社員です。Aさんとは大学時代に知り合い、就職して数年後に結婚されたそうです。今回の一件の前には、浮気や不倫といったことは無縁で、非常に真面目で優しい旦那さんだったそうです。

浮気が発覚したのは、Aさんの旦那さんのスマホへのLINE通知の多さがきっかけだったそうです。仕事から家に帰ってきてからも、休日に近所のイオンで買い物をしているときも、LINEの通知がいつも鳴っていたようです。旦那さんには、「誰とそんなにラインしているの?」と聞いたそうですが、「高校の友だちのグループラインだよ」と誤魔化されたそうです。

もちろん、こんなことでAさんは誤魔化されず、怪しいと思ったAさんは、旦那さんが寝ているときに、スマホをこっそりとトイレまで持ち込み、LINEの中身を確認したそうです。スマホの暗証番号は昔から変わっておらず、知っていたようでした。その結果、旦那さんが職場の部下と不倫関係にあることが発覚。しかも、自分の悪口や「はやく離婚したい」といったやりとりがあったこともあり、離婚を決意。

離婚をするなら、慰謝料請求をしたいと考えられたAさんは、すぐに探偵に浮気調査の相談をされたそうです。旦那さんは、奥さんに浮気を疑われているとは一切考えていなかったようで、浮気調査をしたところ、すぐに浮気の証拠写真を手に入れることができたそうです。Aさんは、この調査で得られた浮気の証拠を使って、旦那さんと同僚の不倫相手に慰謝料を請求。合計400万円の慰謝料を支払ってもらうことができたそうです。

妻のスマホからライン通知が消えていた…中には不倫相手との熱いやりとりが隠されていた

Bさん(30代男性/会社員/大阪府)の事例

Bさんは、30代の会社員です。奥さんも同い年で、普段はパートに出られています。夫婦仲は良好で、夫婦喧嘩をすることも滅多になかったそうです。

Bさんが奥さんの浮気を疑ったきっかけは、いままでLINEの通知音がよく鳴っていた奥さんのiPhoneから、LINEの通知音が一切しなくなったためです。自分がLINEを送っても、通知音が鳴らず、「なんで今までは普通に鳴っていたものを、わざわざ鳴らないように設定したんだろう」と不審に思い、奥さんがお風呂に入っている隙を見計らい、ロック画面に表示されているLINEのメッセージを見てしまったそうです。

そこには、パート先の社員と思われる男性からの、熱い愛のメッセージが表示されていました。奥さんのスマホにはロックがかかっていたため、中身を見ることはできなかったものの、ロック画面に表示されている内容だけでも、不倫関係にあるということはすぐにわかったそうです。

残念ながら、Bさんは奥さんの浮気を許すことができず、不倫相手の男性と妻に慰謝料請求をすることを決意されたそうです。その場では奥さんには言わずに、後日探偵に浮気調査を依頼。調べてみると、「仕事に行ってくる」と言った平日の昼間から頻繁にラブホテルを利用していたようです。

浮気の証拠写真が十分に撮影できたため、その証拠を持って、相手の男性に直接つきつけ、慰謝料を請求したようです。相手の男性は、職場にばれることも、家族にばれることも困るということで、非常に焦っており、自分の両親に相談をして、すぐに慰謝料の500万円をBさんの口座に振り込んできたそうです。

奥さんには、浮気の事実を知っていることを打ち明け、そのまま離婚。Bさんにとってはとても悲しい出来事でしたが、何も知らないまま、数年間不倫関係を続けられるよりはよかった、と考えられたそうです。

旦那のLINEにPC版からログインしてみるとそこには複数の女性とのやりとりが…!

Cさん(30代女性/会社員/東京都)の事例

Cさん夫妻は結婚歴10年を超えるご夫婦でした。今回のことが起こるまでは、夫婦円満で家庭になんの問題もなかったそうです。しかし、あるとき旦那さんが出会い系アプリ(マッチングアプリ)にハマっていることが発覚し、大げんかに。「実際にはまだ誰とも会っていない。もう二度とやらない」ということで、そのときはしかたなく許したそうです。子どもがまだ幼稚園に入ったばかりということもあり、このタイミングで離婚というのは考えられなかったそうです。

しかし、そのときの言葉は完全にウソであることが後々発覚するのです。出会い系アプリ事件のあと、しばらくはCさんの旦那さんも反省の意思をみせるためか、仕事が終わるとすぐに帰ってくるようになっていたそうですが、次第に飲み会や残業といって、旦那の帰りが遅くなってきたそうです。しかも、旦那さんは本来飲み会に進んで参加するタイプではなく、「あやしい」と思ったCさんは、大胆な行動に出ました。

その行動とは、旦那さんのLINEのアカウントを使って、PC版のLINEにログインしたのです。Cさんは旦那さんのiPhoneの設定などをしてあげたこともあり、LINEのログインIDとパスワードを知っていたようです。そして、旦那さんにバレないようにLINEのトーク内容を見たところ、「複数の異性とのやりとり」を発見したそうです。

やりとりを遡っていくと、以前発覚した出会い系アプリを使い、たくさんの女性とLINEのIDを交換しており、さらにその中の数人とは実際に会っていることがわかったそうです。さらに、トークの内容から、その数人とは頻繁にラブホテルにも行っていることが判明。複数の女性と不倫関係にあることがわかったのです。

そこでCさんは一度冷静になり、今後のことを考えたそうです。しかし残念ながら複数人と浮気をしている旦那さんを到底許す気にはなれず、離婚を決意。さらに慰謝料請求をすることを決めたそうです。LINEのやりとりが見れる状況になっていたため、誰といつ会うのかが完璧にわかっていたCさんは、不倫相手と会う予定の日に合わせて、探偵に浮気調査を依頼。しっかりと全員分の浮気の証拠写真を撮ってもらうことに成功したそうです。

探偵の浮気調査によって得られた浮気の証拠を旦那に突き付け、慰謝料を請求。さらにはそれぞれの不倫相手に対しても同様に慰謝料を請求し、離婚をされたそうです。

いつも大学時代の親友とLINEをしている夫。しかし、その親友は実は不倫相手だった!?

Dさん(30代女性/アルバイト/兵庫県)の事例

Dさんの旦那さんは、大学時代から非常に仲が良い男友達がいて、よくその友人と飲みに行ったり、でかけたりしていたそうです。

結婚してからも頻繁に連絡を取り合い、会社帰りや休日に遊びにでかけることがあったそうです。Dさんが旦那さんの不倫を疑いだしたのは、その親友とのLINEの頻度が高すぎるといった理由からでした。男同士にも関わらず、毎日のようにLINEのやりとりをしているのです。もちろん仲が良いのはいいのですが、男同士でそんなに頻繁にやりとりすることがあるのか?と疑問に思ったDさんは、ある時期から旦那さんに浮気の疑いを持ち始めたのです。

そして、あるとき、たまたま夫がスマホのロックをかけずにお風呂に入ったすきを見計らい、こっそりと夫のスマホを見ることにしました。LINEのアプリを開くと、一番上にはやはり親友の男性の名前が表示されていました。「やっぱり本当に◯◯さんとLINEをしているんだ」とトーク内容を見てみると、衝撃の内容が明らかになったのです。

「今度いつ会える?」「早く会いたい」「こないだの◯◯おいしかったね」

などなど、まるで恋人同士のようなやりとりがLINEでされていたのです。これにはDさんもびっくり。「自分の旦那はゲイだったの!?」と思われたそうです。しかし、よくよくLINEの内容を見ていくと、そのLINEのアカウントは旦那の親友のアカウントではないことがわかったのです。からくりはこうです。旦那の親友の名前を、不倫相手のLINEアカウントに自分で名前を設定していたのです。

この隠蔽工作にはDさんもびっくり。すぐに旦那さんを問い詰めたところ、あっさり浮気を白状。「二度としないから許して欲しい」と言われ、旦那さんと離婚をするのはやめたそうです。ただし、不倫相手の女性には慰謝料を請求し、しっかりと200万円もの慰謝料を支払ってもらったようです。

まとめ:LINEで旦那の浮気・妻の浮気を見破る方法

いかがだったでしょうか?

LINEで浮気を見破る方法をご紹介させていただきました。LINEだけでもこれだけの様々な浮気・不倫のチェックポイントがあります。ぜひこちらを参考にしてパートナーの怪しい行動やLINEから浮気・不倫を見破り、幸せな日常を取り戻して下さい。

「LINEをチェックすることで浮気をしていることがわかったけれど、その後どうすればいいかわからない」
「離婚を考えているがLINEのやりとりだけでは浮気の証拠とならないと弁護士に言われた」
(※実際に、裁判ではLINEのやりとりでは離婚事由となる不貞行為の証拠とは認められないのです。)

など、ご相談・お悩みがありましたら、探偵見積もりドットコムまでお気軽にご相談下さい。

探偵見積もりドットコムは無料で優良な探偵事務所に調査依頼・調査費用の見積もり依頼をすることができます。もちろんご相談だけでもかまいません。探偵見積もりドットコムの専門相談員は、浮気・不倫問題解決のために、過去の豊富な相談実績を活かし、無料でアドバイス・カウンセリングを行っています。1人で悩みを抱え込まずに、ぜひ一度ご相談下さい。

浮気の事実が発覚して、浮気調査を依頼したい方はこちらの記事をチェック!→浮気調査の料金相場と費用を安くする7つの方法

パートナーのスマホやLINEを見て
浮気を発見してしまった方へ

浮気調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
必見!探偵が教えるLINEで旦那の浮気・妻の浮気を見破る方法まとめ