自宅に盗聴器・盗撮器を仕掛けて自分で浮気調査する方法

自宅に盗聴器・盗撮器を仕掛けて自分で浮気調査する方法

  • はてな

夫や妻の浮気を疑っているが、スマホや携帯にはロックが掛かっており、中を見ることができず、悶々とされている方に、自分でできる浮気調査の方法をご紹介します。

[upload]336928b1da1ed8e8a6a647256bc01296_s

夫や妻の浮気を疑っているが、スマホや携帯にはロックが掛かっており、中を見ることができず、悶々とされている方に、自分でできる浮気調査の方法をご紹介します。

盗聴器・盗撮器を自宅に仕掛ける

その方法とは、ズバリ自宅に盗聴器・盗撮器を仕掛ける、というものです。もし、夫や妻が浮気をしていれば、自分が不在の際に浮気相手と電話したり、浮気相手を自宅に招き入れ、性行為に及ぶ可能性が十分にあります。

つまり、そこを盗聴器や盗撮器で撮影して、証拠を掴んでしまおう、というものです。

盗聴器や盗撮器を手に入れる方法

実は、盗聴器や盗撮器は、いまやネット通販で簡単に手に入れることができます。また、秋葉原などの電気街に行けば、数多くの種類から盗聴器・盗撮器を選ぶことができます。数千円で購入することができますので、まずはこれを手に入れましょう。

盗聴器や盗撮器を設置する

次に、自宅に盗聴器や盗撮器を設置しましょう。設置する場所は、妻や夫の自室やリビング、寝室など、あなたが外出している時にあなたの夫や妻が最も長い時間いると想定される場所が良いでしょう。電話機の近く、というのもありな選択です。

家をあける・旅行などに出かける

盗聴器や盗撮器を設置することができたら、家をあける用事を作りましょう。泊まりで友人と旅行などに出かけるのも、浮気相手をおびき出すのに非常に効果的です。旅行から帰ってきたら、盗聴器や盗撮器に録音・録画されたデータを確認して、浮気や不倫の有無を確認しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。盗聴器や盗撮器を使い、自分で浮気調査をする方法をご紹介させていただきました。この方法で妻や夫が浮気をしていることがわかったら、次は探偵に浮気調査を依頼しましょう。

なぜ、探偵に浮気調査を依頼する必要があるのかというと、もしあなたが離婚や慰謝料請求を考えている場合、これらの方法によって得られたデータでは、裁判で、浮気や不倫の証拠としては認められないためです。裁判や調停では、継続的な配偶者以外との肉体関係があったことを証明するための証拠として認められるのは、ラブホテルや宿泊施設へ一緒に入っていく瞬間の写真だからです。この写真が2回分以上必要と、判例上言われています。そのため、探偵へ浮気調査を依頼し、この決定的瞬間の写真を撮って貰う必要があるのです。

旦那や妻の浮気の証拠写真を
手に入れたい方は必見!

浮気調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
自宅に盗聴器・盗撮器を仕掛けて自分で浮気調査する方法