調査費用をおさえて浮気調査を行うための5つの方法

調査費用をおさえて浮気調査を行うための5つの方法

  • はてな

旦那の浮気や妻の浮気を疑い、探偵に浮気調査を依頼しようと思った時、何を一番気にするでしょうか。多くの方は、調査費用はいくらかかるのか、できるだけ安い探偵事務所に浮気調査を依頼したい、と考えられるのではないでしょうか。

妻の浮気調査・旦那の浮気調査をして慰謝料請求する方法

[upload]ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

旦那の浮気や妻の浮気を疑い、探偵に浮気調査を依頼しようと思った時、何を一番気にするでしょうか。多くの方は、調査費用はいくらかかるのか、できるだけ安い探偵事務所に浮気調査を依頼したい、と考えられるのではないでしょうか。

効率的な浮気調査を行うことで、調査費用は安くおさえられる

浮気調査の費用は、効率的な調査を行うことで、安く抑えることができます。効率的な調査とは、調査の無駄を省き、短い調査期間で浮気調査を終えることです。そのためには、次膳の準備が欠かせません。

浮気調査の目的をはっきりさせておく

まず、浮気調査を依頼する前に、今回浮気調査を依頼する目的は何なのかをはっきりさせておきましょう。というのも、調査目的によって、浮気調査に必要な時間が変わり、それに伴い調査費用も変化するためです。

浮気の有無の確認であれば、浮気をしていると思われる日の調査、あるいは1週間〜程度の期間の行動調査を行う必要があります。離婚や慰謝料請求、浮気相手と妻や旦那を別れさせることが目的の浮気調査であれば、複数回分の浮気の証拠写真(ラブホテルや旅館などの宿泊施設、あるいは愛人宅などに、浮気相手とふたりで入っていく瞬間の写真や動画)を撮る必要があります。さらに、浮気相手に身元を特定したいということであれば、その分、浮気の有無の確認よりも調査機関が長くなる傾向にあります。

妻や夫の行動パターンを把握しておく

妻や夫の行動パターンを把握しておくことで、調査の成功率を上げ、無駄な調査を減らすことができます。

具体的には、妻や旦那が残業する日はいつなのか、休日出勤や出張をする日はいつなのか、どの曜日に帰りが遅くなりやすいのかなどを、カレンダーや手帳などに記録しておきましょう。そうすることで、実際に調査を行う際に、ある程度行動パターンを把握しておくことで、調査の成功率が上がり、無駄な調査を減らすことができます。

浮気しそうな日を特定しておく

さらに、旦那や妻の行動パターンを把握し、浮気しそうな日を予測しておけばで、ピンポイントでその日に調査を行い、浮気の現場を写真に収め、浮気相手の身元を特定することができます。そのため、事前に浮気しそうな日を特定しておくことは、非常に重要です。

移動手段を把握しておく

失尾(調査対象者を見失ってしまったり、尾行が不可能な状態になること)を防ぐために、調査対象者の移動手段を把握しておくことも、効率的な浮気調査を行うために非常に重要になります。さらに、調査対象者の移動手段を事前に把握しておけば、車移動なら車で、徒歩移動なら調査員も徒歩で、という形で無駄な調査員数を削減することができます。

調査対象の移動手段がわからない場合、徒歩移動の調査員と、バイクor車移動の調査員をそれぞれ配置しておく必要があるため、その分調査費用もかさんでしまいます。これを防ぐため、事前に調査対象者がどのような移動手段を用いるのかを把握しておきましょう。

浮気相手に関する情報をまとめておく

浮気調査の前に、浮気相手について、なにか知っていることがあれば、それらの情報をまとめておくことも重要です。下記のような情報が、効率的な浮気調査のために役に立ちます。

・名前と年齢
・顔と身体全体が写っている写真
・身長・体重
・職場の名前と住所、勤務地や部署
・単身赴任をしているなら住んでいる場所・住所
・車の車種、ナンバー
・通勤に利用する交通機関
・浮気相手の携帯番号
・浮気相手が定期的に立ち寄る場所(コンビニや弁当屋、居酒屋、スポーツジムなど)
・証拠になりそうなレシート等

まとめ

いかがだったでしょうか。
効率的な浮気調査を行うための5つの方法をご紹介させていただきました。旦那や妻の浮気を疑われいて、浮気調査を依頼したいと検討されている方は、是非参考にしてみてください。

旦那や妻の浮気の証拠写真を
手に入れたい方は必見!

浮気調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
調査費用をおさえて浮気調査を行うための5つの方法