浮気を許し、再構築する場合でも浮気の証拠が必要な理由

浮気を許し、再構築する場合でも浮気の証拠が必要な理由

  • はてな

旦那や妻に浮気をされたとき、離婚・慰謝料請求をするか、浮気を許し、夫婦関係の修復・再構築を目指していくかの2択のどちらかが選ばれます。

[upload]6cc67535dda06b45f604852926df28f9_s

旦那や妻に浮気をされたとき、離婚・慰謝料請求をするか、浮気を許し、夫婦関係の修復・再構築を目指していくかの2択のどちらかが選ばれます。

離婚や慰謝料請求をする場合に、浮気の証拠が必要なのは、みなさんご存知ですが、実は、夫婦関係を修復し、再構築する場合でも、浮気をしていたという、浮気の証拠は必ず必要になるのです。今回は、パターン別にその理由をご紹介していきましょう。

浮気相手と不倫関係を解消しない場合

往々にして、不倫関係は両者がずぶずぶに入れ込んだ関係になっており、別れさせるのは非常に難しいという実情があります。さらに、職場不倫など、浮気相手と旦那や妻が継続的に顔を合わせられるような状況の場合、特に不倫関係の解消が難しくなります。

そんな際に、浮気の証拠があれば、浮気相手と旦那や妻をきっぱりと完全に別れさせるのが容易になります。方法としては、浮気の証拠写真を、浮気相手につきつけ、「もし、今後も不倫関係を続けるなら、この証拠を使い、あなたに慰謝料◯◯万円を請求する」と伝えるのです。ここまですれば、相手にもあなたがどれだけ本気なのかが伝わります。不倫を続ければ、数百万円を失うことになる、とわかっていながら不倫関係を続けられる人はいません。

さらに、このことを書面に落とし、相手に署名捺印をしてもらいましょう。これにより、確実に浮気相手とあなたの配偶者との関係を断つことができます。

夫婦関係を修復していくと決めたはずなのに、相手から離婚を迫られた場合

あなたがいくら夫婦関係の修復の努力をしようとも、あなたの配偶者の協力が得られず、壊れてしまった夫婦関係に疲れ、あるいはあなたと離婚して浮気相手とこっそりよりを戻そうとした場合、浮気の証拠写真があれば、離婚の要求を法的にはねのけることができます。

というのも、日本において、協議離婚(話し合いでの通常の離婚)が成立しなかった場合、調停離婚や離婚裁判をする必要があります。しかし、調停離婚や離婚裁判では、法的に認められる離婚事由(例えば浮気やDVなど)が必要になります。

逆に、浮気やDVなどの離婚原因を作った側(「有責配偶者」といいます)からの離婚請求は、原則として認められていません。つまり、今回のようなケースの場合、浮気をした配偶者の側から離婚を請求しても、法的にそれが認められることはありません。というのも、もし、浮気やDVをした側からの離婚請求が認められてしまうと、離婚したいから浮気をする、浮気相手と結婚したいから離婚する、といった不当な行為がまかり通ってしまうためです。これでは、浮気をされた側が、損をすることになってしまいます。

再構築を諦め、離婚をしたいと思った場合

もし、あなたが夫婦関係の修復・再構築を諦め、離婚したいと思った場合でも、浮気の証拠写真さえとっておけば、あなたにとって、非常に有利な条件で離婚をすることが可能になります。

というのも、浮気の慰謝料請求は、時効が3年間となっているため、浮気の証拠写真さえとっておけばあとからでも、3年以内であれば慰謝料の請求が可能なのです。浮気の慰謝料の相場は、相手の収入などにもよりますが、だいたい200万円〜500万円となっており、新たな生活のためには、充分な資金となります。

まとめ:浮気をされたら必ず浮気調査を

いかがだったでしょうか。
浮気を許し、再構築する場合でも浮気の証拠が必要な理由がおわかりいただけたのではないでしょうか。そのため、もし、あなたの旦那や妻の浮気が発覚した場合、まずは浮気の事実を問い詰めるのではなく、探偵に浮気調査の相談をすることを強くおすすめします。今後、どのようなことになろうと、得られた浮気の証拠写真は、あなたの人生を有利にすすめるための手助けをしてくれます。

旦那や妻と浮気相手を別れさせて
夫婦関係を修復したい方は必見!

浮気調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
浮気を許し、再構築する場合でも浮気の証拠が必要な理由