婚約者や交際相手・彼氏が既婚者だった場合、慰謝料請求はできる?

婚約者や交際相手・彼氏が既婚者だった場合、慰謝料請求はできる?

  • はてな

「婚約者が、まさかの既婚者だった…」という話は、探偵に関わっていると、聞かない話ではありません。

[upload]-shared-img-thumb-OMG151018430I9A1847_TP_V

「婚約者が、まさかの既婚者だった…」という話は、探偵に関わっていると、聞かない話ではありません。

浮気調査や結婚調査で、事実が発覚した際には、みなさん呆然とされ、次第にそれが怒りへと変わります。そのとき、みなさんいちように仰るのが、「慰謝料を請求したい!できるの?」というものです。そこで、今回は、婚約者が既婚者だった場合、慰謝料請求はできるのか?というお悩みに回答させていただきます。

恋愛に法的責任はないが、結婚と婚約は別

そもそも、婚約という契約に、法的な責任は発生するのでしょうか。

いわゆる、恋愛、自由恋愛の状態の関係性に対して、国や法律は、一切介入しません。いわゆる「彼氏彼女の関係」「別れた」に対して、法的な責任は一切発生しないということです。しかし、結婚・婚姻関係には法的な責任が発生します。知られているように、貞操義務というものがあり、配偶者以外との肉体関係は法的に、違法性(不法行為)がある行為になります。

では、婚約関係ではどうなるのでしょうか。実は、婚約関係でも、結婚と同様に、貞操義務が発生します。つまり、婚約しておきながら浮気をしたり、約束どおりに結婚しないと「婚約破棄」「精神的苦痛」として慰謝料が発生します。

独身と偽って交際・婚約をしていた場合、慰謝料が発生する

さらに、今回のように既婚者が独身として偽って交際・婚約をしていた場合、慰謝料が発生します。独身と偽っていた場合は、交際だけでも、慰謝料の請求が可能になります。

自分が独身であると、虚偽の申告を行い、交際女性を騙し、さらにはできない婚約までしている、ということで、この行為自体が慰謝料請求の対象になります。結婚不履行・重婚未遂・精神的苦痛などの理由で、人格権侵害の損害賠償請求・慰謝料請求ができます。

注意!逆に相手の配偶者から慰謝料請求される可能性も

ただし、1点注意が必要です。

それは、もしあなたが既婚者であると知りながら、交際をしていた場合、不倫をしていたとして、相手の旦那さんや妻から逆に慰謝料請求をされる可能性があります。もし、本当に知らなかったとしても、あなたが相手が既婚者であったことを本当に知らなかった、という立証が必要になる場合もあります。そのため、LINEで結婚に関するやりとりや、結婚式場選び、婚約指輪選びに関するやりとりなど、あなたが本当に既婚者であることを知らなかったことを証明できるような、証拠はしっかりと保存しておきましょう。

婚約者の過去や現在の行動に
不安を抱えられている方は必見!

結婚調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
婚約者や交際相手・彼氏が既婚者だった場合、慰謝料請求はできる?