iPhoneやAndroidの盗聴器発見アプリで本当に盗聴器は見つかる?

iPhoneやAndroidの盗聴器発見アプリで本当に盗聴器は見つかる?

  • はてな

iPhoneやAndroidスマホで使える「盗聴器発見アプリ」というものをご存知でしょうか。

[upload]GORIPAKU0I9A4164_TP_V

iPhoneやAndroidスマホで使える「盗聴器発見アプリ」というものをご存知でしょうか。

AppStoreやGooglePlayで「盗聴器発見アプリ」と検索すると様々なアプリが表示され、簡単にインストールすることができます。アプリの説明欄では、「このアプリを使うことで部屋の中の盗聴器を発見することができます」「盗聴器の場所をすぐに調べることができます」などといった文句がならんでいるのですが、実はこの盗聴器発見アプリ、とんでもないウソだらけなアプリなのです。

iPhoneやAndroidのスマホでは盗聴器発見は不可能

そうなのです。実は、iPhoneやAndroidのスマホでは盗聴器発見は不可能なのです。

仕組みを考えればすぐにわかることです。盗聴器の発する電波は、アナログ派という種類のものなのですが、残念ながらiPhoneやAndroidのスマホにはこのアナログ派を受信することのできる機能が搭載されていません。いわゆる、専門の盗聴器発見機器などは、このアナログ派をキャッチして盗聴器発見調査を行います。したがって、このアナログ派を受信できないiPhoneやAndroidのスマホではそもそも盗聴器発見なんて無理なのです。

つまり、巷で出回っている「盗聴器発見アプリ」は全てウソなので、絶対にインストールしないようにしましょう。

盗聴器や盗撮器が仕掛けられていないか調査したい場合はどうすればいい?

では、自宅や会社、車などに本当に盗聴器が仕掛けられていないかどうかを調べたい場合はどうすればよいのでしょうか。

それは、まず専門家に相談し、盗聴器発見調査を行ってもらうのが、最も確実かつ費用を抑えることができる方法です。最近の盗聴器は、ハイテク化小型化が進んでおり、一般のかたが自分で探し出すことは非常に困難です。そのため、まずは専門家である探偵に相談し、盗聴器発見調査を行ってもらいましょう。ご自宅やマンションの一室、会社事務所などであれば、安価で調査を行ってもらうことができます。

盗聴器の種類

最近では、秋葉原などの電気街に行かなくても、ネット通販などで小型で高性能な盗聴器を非常に安く簡単に手に入れることができます。盗聴器には、大きく分けて、以下にご紹介する2種類のものがあります。

録音式盗聴器

録音式盗聴器は、その内部に保存用のフラッシュメモリーやハードディスクを搭載し、そこに音声を録音していくタイプのものになります。録音式盗聴器の特徴としては、盗聴された音声を聞くためには、必ず設置した犯人が、自分でこの盗聴器を回収しなければならないため、このタイプの盗聴器を設置した人物は、その場所・家に定期的に通っている人か、身内(家族)である場合がほとんどです。

また、この録音式盗聴器は外部に電波などの信号を一切発しないため、目で見つけるしかありません。

電波式盗聴器

電波式盗聴器は、電波を使用して盗聴した内容を送信するタイプの盗聴器になります。録音式に対して、こちらの電波式の盗聴器のほうが一般的で、多く出回っています。

その理由としては、電波式盗聴器であれば、一度設置してしまえば回収をする必要はないため、盗聴する側としては安全、という点があげられます。そのため、この盗聴器が仕掛けられている場合、犯人が外部の人間である可能性もあります。盗聴電波自体は、家や建物の外からも受信することができます。

電波式盗聴器の場合、探偵などの盗聴器発見の専門家であれば、盗聴電波が発信されている場所を特定することで、比較的簡単に発見することができます。

まとめ:iPhoneやAndroidの盗聴器発見アプリでは盗聴器は見つからない

いかがでしたでしょうか。iPhoneやAndroidの盗聴器発見アプリでは盗聴器は見つからないということがおわかりいただけましたでしょうか。

もし、あなたが盗聴や盗撮をされているかもしれないと、身に危険を感じているようでしたら、こうした偽物のアプリに頼るのではなく、探偵に盗聴器発見調査の依頼をしましょう。専門家による調査を行えば、1時間もかからずに家や車に仕掛けられている盗聴器や盗撮器を発見し、撤去することができます。

iPhoneやAndroidの盗聴器発見アプリで本当に盗聴器は見つかる?