家出した高校生の娘や息子の行き先・滞在場所の探し方をご紹介

家出した高校生の娘や息子の行き先・滞在場所の探し方をご紹介

  • はてな

もし、高校生の娘や息子が突然家出をしてしまったらどうしますか?

子供が家出をする心理と家出調査の方法・行き先を徹底解説

[upload]SHINBASHI100020757_TP_V

もし、高校生の娘や息子が突然家出をしてしまったらどうしますか?

今回は、こうした家出調査のプロである探偵が、高校生の子どもが家出をした際にどのように対応し、どのように探せば早期発見ができるのかを詳しく解説していきます。

まずは警察に行方不明者届(旧家出人捜索願)を出す

高校生の息子や娘が家出をしてしまったら、「しばらくしたら帰ってくるだろう」という楽観的な振る舞いは絶対にやめましょう。

というのも、高校生ぐらいの年齢での家出は、ある程度お金も持っており、電車移動も問題なくできるということで、長期的な家出になりやすいのです。知恵もついており、どうしたら大人に見つかってしまうか、連れ戻されてしまうかをわかっており、かつ衝動的な家出というよりは、計画的な家出が多いのが特徴です。

そのため、楽観視するのはやめて、まずは最寄りの警察署にて、行方不明者届(旧家出人捜索願)の提出を行いましょう。この行方不明者届けは、近くの交番や駐在所・派出所でも提出を行うことができます。

警察では、自分の意志で姿を消した場合、未成年の場合は保護者の了解を得ずに家を出た場合のみ家出人として扱います。この、行方不明者届けは、提出できる人が限られており、「両親・保護者・配偶者・その他親族」のみとなっているため、血縁関係のない友人や恋人の場合、これを提出することができないため、もし失踪した人がいたら、まずは本人のご家族に連絡を取りましょう。

行方不明者届(旧家出人捜索願)の出し方

行方不明者届けは、両親や親族が警察に行けば、提出することができます。その際、必要な情報は以下の様なものです。事前にわかるように準備しておきましょう。

・家出人の本籍
・家出時の住所
・氏名
・生年月日 年齢
・職業(今回であれば中学校名)
・家出人の顔(顔写真を持参すると良い)
・身長体重
・家出当時どんな服をきていたか
・携帯電話の番号(持っていれば)

その他にも、家出の日時、家出をした原因と思われることや動機、家出した際に所持金をどれぐらい持っていたかなども把握しておくと良いでしょう。

警察の家出人の捜査方法

警察では、家出人が、何らかの外的な要因、つまり誘拐された・事件に巻き込まれた可能性がある場合は「特異家出人」として扱い、積極的な調査を行います。

しかし、大抵の場合、家出に外的な要因はなく、自分の意志で家出をしたと判断されます。その場合は「一般家出人」として扱われ、警察が動いて捜査をすることはありません。この場合の家出人捜索の方法としては、全国で運用されているデータベースに家出人情報として登録され、その後職務質問や補導といった際に、本人確認をした結果、家出人情報データベースに登録されていた人物であった場合は、家族に連絡が行くことになります。

そのため、自分の意志での家出の場合、あまり警察はあてにならないため、自分で動いて捜索を進める必要があります。

家出人の友人関係をあたる

警察に行方不明者届(旧家出人捜索願)を提出したら、次は家出人の子どもの友人関係すべてに連絡を取りましょう。

もし、家出人に携帯やスマホを持たせており、携帯やスマホが家にある場合は、登録されている連絡先やfacebook、twitter、LINEといったSNSでの友人にもメッセージを送り、「本人が家出をした。行き先を知らないでしょうか?」と連絡をとってみましょう。行き先を知らなくとも、家出をにおわせるような発言をしていた、というような情報が得られる可能性があります。高校生であれば、スマホを持って家出をしている可能性が高く、家出したあとも友人とはLINEやSNSなどで連絡をとっているというケースが多いため、友人経由で家出先の情報が得られることはよくあります。

さらに、同じ高校のクラスメートや同じ部活の友人にも同様に話を聞いてまわるようにしましょう。この際に大切なのは、行方不明者届けを提出する際に提供したような、顔写真や背格好、当時来ていた服装なども合わせて伝えて、どこかで見かけたら連絡をくださいとお願いをしておくことです。そうすることで、沢山の人に家出人の情報が伝わり、監視の目がどんどんと増えていくことになります。もし、本人らしき目撃情報が寄せられたら、すぐに現場にかけつけましょう。

家出人の行き先と思われる場所を捜索する

ここまでを終えたら、実際に足をつかって家出人の捜索を行います。

その際に、事前に準備しておきたいのが、行方不明者届けを提出する際に提供したような、顔写真や背格好、当時来ていた服装、あなたの連絡先を印刷した紙です。これを用意しておき、家出人の行きそうな場所に捜索に行った際に、その場所にいなければ、紙を渡して事情を説明しましょう。場所によってはそれを壁などの目立つ場所に貼らせてくれる場合もあります。

高校生の家出人の行き先

高校生の家出の行き先としてよくある場所を下記に列挙しておきます。是非参考にしてみてください。

・友人の家(特に家庭環境が悪い家、親との中が悪く、放任されているような家)
・年上の彼氏・彼女の家(特に、女子高生の家出の場合、年上の男性が関わっているケースが非常に多いです)
・ネットカフェ(高校生は夜間入ることができないため、昼間利用していることが多い)
・図書館(昼間であれば無料で利用できるため)
・繁華街(人に紛れることができるため)

家出から数時間〜1日程度探しても見つからない場合は

上記の方法で、数時間〜1日程度探しても見つからない、あるいは帰ってこない場合は、自力での捜索は諦め、探偵に家出人調査を依頼しましょう。

高校生の家出の場合、強い意思を持って家出をする場合が多く、衝動的に家出をして1〜2日で自分から家に帰ってきた、というケースはあまりありません。さらに、高校生であれば学校に通っているはずですので、学校を退学してもいい、という覚悟で家出をしています。家出が長期に渡れば、高校への復帰も難しくなります。

そんな場合は、いかに早期に専門的な捜査をはじめられるかが、早期解決のカギとなります。そのため、独自のネットワークや捜査網を持つ探偵社に家出人の行方調査を依頼し、家出人を探しだしてもらいましょう。

こうした、家出人や失踪人の発見確率は、調査開始がはやければはやいほど高くなります。間違っても数日放置し続けるといったことは避けてください。探偵見積もりドットコムでは、家出人調査・失踪人調査に特化した探偵事務所・調査会社の紹介を無料で行っています。まずはご相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。

家出した高校生の娘や息子の行き先・滞在場所の探し方をご紹介