結婚前の交際相手や婚約者の身辺調査/結婚調査の調査費用の相場とは?

結婚前の交際相手や婚約者の身辺調査/結婚調査の調査費用の相場とは?

  • はてな

結婚前に、交際相手や婚約者に対して、身辺調査・結婚調査をしたいと思った場合、調査にかかる費用はいくらくらいかかるかご存知でしょうか。

[upload]OY151013150430_TP_V

結婚前に、交際相手や婚約者に対して、身辺調査・結婚調査をしたいと思った場合、調査にかかる費用はいくらくらいかかるかご存知でしょうか。

結婚前の身辺調査・結婚調査が増えている背景

最近では、ネットやスマホの普及や出会いの手段が増えたことにより、出会いのかたちが多種多様化しています。中学や高校の同級生と結婚、ということであれば、昔から本人や本人の家族などについても、よく知っているため、結婚前に身辺調査・結婚調査をする必要は無いでしょう。

しかし、出会いのきっかけが街コンやお見合いパーティー、インターネットなどであった場合、交際相手や婚約者の経歴や学歴、幼いころはどんな人だったのか、家族はどんな人なのか、といった情報は事前に知っておくことができません。

そのため、いざ結婚や婚約となったときに、疑うわけではなくても、「学歴や経歴は本当なのだろうか?」「ギャンブル癖や借金はないだろうか?」「離婚歴があると言っていたけれど、本当に性格の不一致で離婚したんだろうか」といった不安が生じてしまうのはある意味当然のことといえます。

出会いのかたちが増えた分、結婚前の身辺調査・結婚調査が増えてきているのです。

結婚前の身辺調査・結婚調査にかかる費用の相場はいくらか

結婚前の身辺調査・結婚調査にかかる費用の相場は15万〜20万円になります。

結婚前の身辺調査・結婚調査にかかる費用は、交際相手や婚約者の何を知りたいのか、どんな情報を得たいのかによって大きく変わります。

結婚前の身辺調査・結婚調査にかかる費用を決める要因

さきほど、結婚前の身辺調査・結婚調査にかかる費用は「交際相手や婚約者の何を知りたいのか、どんな情報を得たいのかによって大きく変わる」とご紹介しました。では、具体的には、どんな目的で調査を行うと、調査費用が多くかかる傾向にあるのでしょうか。

身辺調査・結婚調査の費用が多くかかる傾向にある調査内容

・交際相手や婚約者の遠くに住んでいる家族・親戚に関する内容
・交際相手や婚約者の遠い過去(小学生・中学生時代の様子など)に関する内容
・交際相手や婚約者の過去の交際相手に関する内容

これらの調査内容は調査をするにあたり、時間がかかる場合が多いため、その分調査費用も余分にかかる場合があります。

身辺調査・結婚調査の費用が安くすむ傾向にある調査内容

・交際相手や婚約者の現在に関する情報

たとえば、交際相手や婚約者の現在の会社・職場での仕事ぶりや、近所での評判、交友関係(浮気をしていないか、反社会的勢力との関わりがないか等)、ギャンブルや酒癖、借金がないかどうかといった、いまの状況に関する調査であれば、調査費用はそこまで多くかかることはありません。

結婚前の身辺調査・結婚調査では何が調べられるの?

実際に、結婚前の身辺調査・結婚調査ではどんなことが調べられるのでしょうか。具体的には、以下の様なものが調査可能です。

・実家の住所
・家族構成、世帯状況
・婚姻歴、離婚歴の有無
・勤務先、役職、会社での評判
・以前の勤務先、以前の勤務先での評判
・資産、預金状況
・借金の有無、金額、消費者金融の利用の有無
・ギャンブル癖の有無
・学歴、職歴
・過去の異性との交際歴
・友人などの交友関係
・反社会的勢力との関わりの有無
・犯罪歴(公表されている情報のみ)
・その他依頼者さまの知りたい情報

以上のように、探偵による身辺調査・結婚調査では、様々な情報を知ることができます。ただし、例外として探偵の調査で調べることができないものもあります。

結婚前の身辺調査・結婚調査で調べられない情報

探偵の身辺調査・結婚調査で調べることのできないものとしては、以下のようなものがあります。

・犯罪歴
・差別につながる出生地・出身に関する情報
・戸籍に関する情報

犯罪歴などは、公表されている情報(ニュースや新聞記事になったもの等)以外は、警察が管理する情報であり、第三者がその情報を開示することはできないため、知ることができません。周りの人間や公表されている情報について調査をすることは可能です。

また、差別につながるような出生地・出身に関する調査も行うことができません。戸籍謄本や住民票も第三者が取り寄せることができないため、調査を行うことはできません。

結婚前の身辺調査・結婚調査はどんな人が頼むの?

それでは、実際に結婚前に探偵に身辺調査・結婚調査を頼むのはどんな人なのでしょうか。

街コンやお見合いパーティー、インターネット経由で交際相手や婚約者と出会った人

前述のとおり、最近ではさまざまな出会いのかたちが増えています。地元が同じ中学や高校の同級生であれば、普通に知っていたであろう家族のことや、幼いころどんな人だったのか、どんな生活をしていたのか、といったことが、街コンやお見合いパーティー、インターネット経由の出会いではなかなかわかりにくくなっています。

そのため、街コンやお見合いパーティー、インターネットを経由して出会った人と結婚する場合、事前に探偵に身辺調査・結婚調査を依頼されるケースが非常によくあります。

自分が警察官、あるいは家族に警察関係の仕事に就いている人がいる人

警察官と結婚する、あるいは家族に警察関係の仕事に就いている人と結婚する場合、事前に身辺調査・結婚調査を依頼されるケースがあります。

実は、警察官が異性と交際する際には、交際のための申告書を上司に提出する必要があります。これには、交際相手の氏名や勤務先、家族構成を記入する必要があります。また、結婚をする際にも、同様に深刻の必要があります。警察という組織は犯罪と密接に関わっているため、非常に保守的な組織となっており、親族に偏った思想を持った人間や特定の宗教団体などに加盟している人がいないか、犯罪歴のある人がいないかどうかを必ず事前に調査します。

そのため、警察から身辺調査をかけられても問題ないかどうかを事前に調べるために、探偵に身辺調査・結婚調査を依頼するというケースが多々あるのです。

結婚予定の人の両親や兄弟・親戚

自分の息子や娘が結婚を予定しているが、婚約者についてあまり良く知らない、あるいは一度会ったことはあるがすこし不安を感じている、という方から身辺調査・結婚調査を依頼されることはよくあります。

結婚は、ただの交際とはわけが違います。誰と結婚するかによって、その人の人生が幸せなものになるかどうかが変わるといっても過言ではありません。もし、何も知らずに結婚したが、その人が過去にDVを理由に離婚した経歴があったり、実は多額の借金があったり、アルコール中毒だった、というような場合は目も当てることができません。こうしたリスクを少しでも減らすために、子どもの結婚の不安を少しでも減らして幸せなものにするために、探偵に婚約者の身辺調査・結婚調査の依頼をされることがあります。

まとめ:交際相手や婚約者の身辺調査・結婚調査の相場

いかがだったでしょうか。

結婚前の交際相手や婚約者の身辺調査・結婚調査にはいくらかかるのか、探偵に身辺調査や結婚調査を依頼した場合、どんなことがわかるのかをご紹介させていただきました。もし、結婚前の身辺調査や結婚調査の依頼を検討されている方は、参考にしてみてください。

婚約者の過去や現在の行動に
不安を抱えられている方は必見!

結婚調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
結婚前の交際相手や婚約者の身辺調査/結婚調査の調査費用の相場とは?