非通知/迷惑/無言電話のいやがらせ相手を特定/対策する方法

非通知/迷惑/無言電話のいやがらせ相手を特定/対策する方法

  • はてな

というお悩みへの解決方法をお伝えしたいと思います。非常に厄介な非通知電話や無言電話。こちらの内容を参考に、対策をしてみてください。

浮気調査の相場と費用を安くする7つの方法

悩む女性

みなさんこんにちは。探偵見積もりドットコム編集部です。
今回は、みなさまから寄せられた、「非通知電話や無言電話などでいやがらせを受けている。これをやめさせたり、相手を特定したい」というお悩みへの解決方法をお伝えしたいと思います。非常に厄介な非通知電話や無言電話。こちらの内容を参考に、対策をしてみてください。

非通知電話・無言電話の相手を特定したい場合

まず、非通知電話や無言電話の相手を特定したい場合についてご紹介します。

そもそも、こういったいやがらせ行為を行っているのは、「99%あなたのお知り合い」です。というのも、見ず知らずの人があなたの家、あるいはスマホ・ガラケーなどの携帯電話の番号を知って、継続的にいたずら電話をかけ続けるというのは、考えにくいからです。こういったいやがらせ行為は、あなたに好意があったり、あなたと喧嘩や揉め事があり、直接は言えないが、いやがらせをしたいという場合に行われるものです。そのため、あなたにも心当たりがある場合が多いのではないでしょうか。

その場合、相手の特定は容易です。心当たりがあり、最近トラブルや告白された、といったことがあった相手を、探偵に調査してもらいましょう。いやがらせ電話がかけられてくることの多い時間帯に、探偵にピンポイントで調査を依頼することで、調査費用を安くおさえることができます。相手がいやがらせの電話をかけている証拠を得ることができれば、探偵から証拠をつきつけ、いやがらせ電話をやめるように働きかけることが可能です。あなたが直接相手に言いづらい場合も、探偵という第三者が間に入ることで、安全に話し合いを進めることが可能です。

探偵見積もりドットコムではこういったいやがらせ対策のための優良探偵事業者を無料でご紹介致します。相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

docomoのガラケー・スマホへ非通知電話・無言電話をできないようにする方法

相手がもし、番号を通知して電話をしてきている場合、「迷惑電話ストップサービス」に申し込みましょう。月額使用料無料で、最大30件まで登録ができます。もし、ここに登録している番号から、非通知で電話をかけてきても、着信がストップされます。

電話番号が非通知の場合、「番号通知お願いサービス」あるいは「非通知着信拒否」サービスを利用しましょう。どちらも、月額使用料は無料です。「番号通知お願いサービス」は、発信者番号が通知されない状態でかかってきた電話に対し、ガイダンスの案内により「番号通知のお願い」をし、自動的に電話を切ります。あなたの端末には着信履歴が残りません。「非通知着信拒否」は、あなたの電話に着信履歴が残りますが、自動的に着信が拒否されるサービスです。非通知の着信があったことを知りたい or 知りたくないに応じて、使い分けましょう。

auのガラケー・スマホへ非通知電話・無言電話をできないようにする方法

電話番号が非通知でかかってきた電話に対して、 番号を通知してかけ直すようガイダンスで案内する「番号通知リクエストサービス」で着信拒否をすることができます。

こちらも、他社と同様に月額使用料は無料です。サービスの利用方法は簡単で、サービスを利用したいときは「1481」を押して、通話ボタンを押すだけです。サービスを停止したい場合は、「1480」を押して、通話ボタンを押します。ガイダンス内容は「こちらはauです。お客さまの電話番号を通知しておかけ直しください。」 となっています。

SoftBankのガラケー・スマホへ非通知電話・無言電話をできないようにする方法

SoftBankの場合、事前に「ナンバーブロック(月額105円)」の申し込みが必要です。着信拒否設定をしたい番号(非通知含む)から着信があったあとに、144に発信をしましょう。その後、「1」→「#」を押します。その後、その番号からの着信に対するお断りガイダンスを「1〜9」で選択し、「#」を押すと、登録が完了します。

お断りガイダンスの番号は以下の通りです。

1.こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。
2.こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。
3.この電話はお受けできません。
4.この電話はお繋ぎすることができません。
5.この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。
6.せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。
7.電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。
8.おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。
9.This is SoftBank. By the customer’s request, this call can not be completed.

固定電話へ非通知電話・無言電話をできないようにする方法

固定電話の場合、「ナンバー・ディスプレイ」サービスと「ナンバー・リクエスト」サービスを利用しましょう。

ナンバー・ディスプレイとは、かけてきた相手の電話番号が、電話に出る前に電話機等のディスプレイに表示されるサービスです。誰からかかってきたのか確認してから電話に出ることができるため安心です。こちらは申し込みが必要で、初期工事費用が2000円、月額使用料が400円となっています。

ナンバー・リクエストとは、電話番号を通知しないでかけてきた相手に、電話番号を通知してかけ直すよう音声メッセージで 応答するサービスです。こちらも申し込みが必要で、ナンバーディスプレイと同時に申し込みの場合は、初期費用が1000円、月額使用料が200円となっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。
非通知電話・迷惑電話・無言電話のいやがらせ相手を特定・対策する方法をご紹介させていただきました。こういったいやがらせ行為に悩まされるのは本当につらいですよね。ぜひ、参考にしてみてください。探偵見積もりドットコムでは、こういった非通知電話・迷惑電話・無言電話などのいやがらせ行為を解決・特定するための専門の探偵を無料でご紹介しております。相談は無料です。こういった悩みをお一人で抱え込まずに、まずは問題解決のプロである私たちにご相談ください。必ず、お力になります。

いたずら・いやがらせ・ご近所トラブルを
いますぐに解決したい方は必見!

調査を依頼する前に必ず知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
非通知/迷惑/無言電話のいやがらせ相手を特定/対策する方法