浮気や不倫による夫婦の貞操義務違反と不貞行為とは?

浮気や不倫による夫婦の貞操義務違反と不貞行為とは?

  • はてな

結婚すると夫婦の間に発生する「貞操義務」とはいったいどういうものなのか、またそれに違反する「不貞行為」とはどのようなものなのかご存知でしょうか。

upload00_pp64_pp_tp_v

結婚すると夫婦の間に発生する「貞操義務」とはいったいどういうものなのか、またそれに違反する「不貞行為」とはどのようなものなのかご存知でしょうか。

今回は、この貞操義務と不貞行為とはいったいどういうものなのかをご紹介したいと思います。

貞操義務とは?

そもそも貞操義務とはいったいなんのことを指すのかご存知でしょうか。

貞操とは、結婚した男女が、性的関係・肉体関係における純潔を保つことを指します。わかりやすく言えば、性行為を自分の配偶者以外の異性とはしないことを指します。この貞操義務は、法律上結婚している男女の義務とされています。

現在の法律には、貞操義務についての具体的な明文化された規定は存在しないものの、貞操義務違反が離婚原因として民法770条1項1号に定められています。さらに、日本においては重婚(既に結婚をしているものが、別の人とさらに結婚を重ねること)が禁止されていることなどからも、貞操義務は法律上、夫婦が守らなければならない義務となっています。

この貞操義務を守らず、貞操義務違反(配偶者以外の異性と肉体関係を持つなど)をすると、離婚原因となり、一方の貞操権を侵害する不法行為を行ったとして、損害賠償責任が発生します。これがいわゆる浮気や不倫による慰謝料というものです。

不貞行為とは?

不貞行為とは、前項でご説明した「貞操義務違反」のことを指します。世間では一般的に「浮気」や「不倫」と呼ばれているものです。

具体的には「既婚者でありながら、配偶者以外の異性と継続的な肉体関係を結ぶこと」を指します。法律上は、これらの行為を不貞行為とよんでいます。この不貞行為は不法行為とされており、不貞行為を行ったというのが、旦那や妻にバレてしまえば、浮気をした人やその浮気相手は慰謝料請求をされることになります。

不貞行為を行ったことによる慰謝料請求は、浮気の証拠写真(ラブホテルや旅館などの宿泊施設、あるいは愛人宅などに、浮気相手とふたりで入っていく瞬間の写真や動画)があれば、逃れることはできません。法的に不貞行為を立証されてしまえば、支払い義務から逃れることはできません。

まとめ:浮気や不倫による夫婦の貞操義務違反と不貞行為

いかがでしたでしょうか。
浮気や不倫による夫婦の貞操義務違反と不貞行為についてご説明させていただきました。貞操義務違反、それはすなわち不貞行為のことです。これらの行為を犯すと、慰謝料請求をされ、さらには離婚をしなければならなくなります。絶対に浮気や不倫をするのはやめましょう。

浮気や不倫による夫婦の貞操義務違反と不貞行為とは?