浮気や不倫で離婚する際の慰謝料を相手の親に請求することは可能?

浮気や不倫で離婚する際の慰謝料を相手の親に請求することは可能?

  • はてな

浮気や不倫が原因で離婚するとなった場合、慰謝料を旦那や妻、不倫相手などに請求することを考えられると思います。

uploadmax_ezakidsc_0264_tp_v

浮気や不倫が原因で離婚するとなった場合、慰謝料を旦那や妻、不倫相手などに請求することを考えられると思います。

しかし、もし相手が定職についていなかったり、預貯金や不動産・車などの財産も一切なく、慰謝料の支払いを行うことが難しいと考えられる場合、相手の親に慰謝料を請求することを一度は検討されるはずです。このように、浮気や不倫の慰謝料を、相手の親に請求することは実際に可能なのでしょうか。

浮気や不倫の慰謝料を相手の親に請求することは難しい

一般的に、浮気や不倫の慰謝料を相手の親に請求することは難しいと考えて頂いて問題ありません。

法律上、不法行為(今回のケースでは不貞行為が不法行為に該当します)の責任については、原則として本人に責任能力がある場合は、本人が責任を負います。浮気や不倫といった不貞行為は、当然ながら、本人にその不法行為の責任があります。そのため、相手の親に対して慰謝料の支払いを求めることはできても、相手の親には法律上は支払いを行わなければならないという義務は発生しません。

不倫相手の親が社会的地位・立場を気にする場合は慰謝料を支払うことも

ただし、旦那や妻、不倫相手の親が社会的地位や社会的立場のある人である場合、世間体や近所の評判を気にし、子どもの浮気や不倫が公になることを避ける傾向にあります。そのため、これ以上浮気や不倫について揉めたり、トラブルになることを避けるために、示談や慰謝料の支払いに応じる場合もあります。

離婚の原因が相手の両親にある場合は、相手の親に慰謝料請求が可能

また、離婚の原因が相手の両親にある場合は、離婚の慰謝料を相手の親に請求することができます。

実際に、結婚する際に旦那の両親に結婚を大反対されてしまったが、それを無視して結婚をした妻に対して、旦那の両親が日常的に嫌がらせを行い、それが原因で別居・離婚をしたというケースでは、妻に対して、旦那の両親に240万円もの慰謝料を支払う判決が出されたこともあります。

浮気を理由に慰謝料請求を
考えられている方は必見!

浮気調査を依頼する前に知っておきたい 費用相場や料金を安く抑えるコツとは?
浮気や不倫で離婚する際の慰謝料を相手の親に請求することは可能?