旦那の浮気の証拠を確実につかむ5つの方法

旦那の浮気の証拠を確実につかむ5つの方法

  • はてな

こちらの記事では、旦那の浮気の証拠を確実につかむ方法を、プロの探偵がご紹介しています。旦那の浮気に悩まれている方、やめて欲しいと言ってもなかなか浮気をやめてくれない夫をもつ妻の方、夫が浮気をしているかもしれないと、疑って日々辛い思いをされている方は、是非こちらを参考にしてみてください。旦那の浮気に対して、自分でできる浮気調査の方法は、いくつもあるんです。

【こんな記事もよく読まれています】
妻の浮気を見抜き、離婚回避し夫婦関係を修復する方法

「最近旦那の帰りが遅くなった」「休日出勤といって出かけるが、給料があまり増えている様子がない」「残業が増えた」「会社の同僚との飲み会が増えた
」「休日に泊まりで頻繁にでかけていく」こんなきっかけから、旦那の浮気を疑っている方は、本当に夫が浮気をしているのかが気になりますよね。できるだけはやく真実をはっきりさせて、もやもやした気分・暗い日常に終止符を打ちたいはずです。

そこで、今回は旦那の浮気の証拠を自分で得るための、自分でできる浮気調査の方法を5つご紹介します。こちらの記事を参考にしていただければ、あなたも必ず旦那の浮気の証拠をゲットすることができます。

そもそも、裁判でも認められる旦那の浮気の証拠とは?

まず、みなさんにご認識いただきたいのが、「調停や裁判でもしっかりと浮気・不倫と認められる証拠」とはなんなのか、ということです。

旦那の浮気の証拠と言うと、

・浮気相手とのラブラブなLINEのやりとり
・スマホやデジカメに残っている二人のツーショット写真
・ラブホテルのレシート

のようなものを思い浮かべる方が大半ではないでしょうか。

実はこれ、離婚や慰謝料請求が可能になる、「浮気の証拠」ではないんです。

もし、慰謝料を請求しようと思い、調停や裁判で争うことになった場合には、「配偶者以外との、継続的な肉体関係があった」ことを証明する証拠が必要になります。継続的な肉体関係があった証拠というのは、具体的には、

・夫と浮気相手がラブホテルへ入退室している写真や動画
・愛人宅に夫と愛人がいっしょになって入る写真や動画
・旅館やホテル等の宿泊施設へ、夫と浮気相手が一緒に入っていく写真や動画

こうしたものが、「逃れられない物的証拠」になります。そのため、目的に応じて、必要な証拠をしっかりと集めましょう。もし、離婚や慰謝料請求を考えている場合は、探偵に浮気調査を依頼して、こうした証拠を撮影してもらいましょう。

「離婚や慰謝料請求を考えている場合に必要な浮気の証拠→ラブホテルへの入退室の写真や動画(継続性を証明するため3回分以上がのぞましい)」とおぼえておきましょう。

そのうえで、この他に自分で旦那の浮気の証拠を得られる方法を5つお伝えします。

スマホやLINEから旦那の浮気の証拠を得る

浮気や不倫がバレるきっかけの代表格である、携帯・スマホ。やはり、この中に浮気の証拠が隠されている可能性は非常に高いと言えます。

まず、LINEやメールをチェックしましょう。怪しい女性とのやりとりはありませんか?もし、登録名が男性の名前になっていても、安心しないでください。やりとりを見ることができるなら、隅から隅まですべてチェックするつもりで確認しましょう。着信履歴も要チェックです。頻繁に電話をかけたり、かかってきている電話番号はありませんか?もし、そんな番号があれば、後々のためにしっかりとメモしておきましょう。

また、いわゆるキャバ嬢やクラブのホステスとのやりとりもないかどうか調べておきましょう。ああいう夜のお店の人たちは、営業用の携帯を持っており、必ずお客さんと連絡先を交換します。こうした夜のお店を浮気にカウントするかどうかはさておき、気持ちのいいものではありませんよね。当然、そうしたお店に通えば、家計は圧迫されます。

また、LINEやメールで怪しいやり取りがあれば、夫のスマホごと、あなたのスマホやデジカメで写真をとっておきましょう。スクリーンショットよりも、旦那のスマホごと写真にとって残しておいたほうが、証拠能力が高いと言われています。

さらに、画像フォルダもくまなくチェックしましょう。あなたと言ったことのないレストランの食事の画像やゴルフ旅行、女性との2ショットの写真はないでしょうか。こちらも、あやしい写真があれば、スマホごとカメラで撮って残しておきましょう。

facebook・Twitterから旦那の浮気の証拠を得る

facebookやTwitterなどのSNSからはじまる浮気・不倫も最近ではとても多いようです。しかも、こうしたSNSから始まる浮気は、のめり込んでしまう確率が高いようです。知らない相手とネット越しに仲良くなり、会って交際がスタートすると、特別な感じがしませんか?もし、旦那様がこうしたSNSをやっているようなら、夫のアカウントを見て、どんな投稿をしているのか、フォローしているアカウント、フォローされているアカント、他の人とやり取りしている内容(内容)、さらにはDM(ダイレクトメッセージという、他の人には見えないメッセージのやりとり)もチェックしましょう。普通はLINEやメールで行うやりとりを、facebookメッセンジャーや、TwitterのDMで行っている可能性があります。

特に、facebookは、あなたの夫の投稿にいいね!をしている人や、あなたの旦那の投稿にコメントしている人などを重点的にチェックしましょう。誰でも見れる場所なので、あまりそれらしいコメントはないと思いますが、やはり、自然と浮気相手の投稿にはいいね!やコメントをしてしまうもののようです。

GPSやカーナビから旦那の浮気の証拠を得る

GPS機器が、いま非常に安く手に入るのをご存知でしょうか。手のひらサイズのGPS機器が、いまや、1万円を切る価格で手に入ります。わざわざ秋葉原等の電気街にいかなくても、通販で簡単に手に入れることができます。それを、夫のかばんや、夫が毎日通勤に使う車に設置してみましょう。

そうすることで、仕事に行ってから家に帰ってくるまでの夫の行動や、休日の外出先、休日出張の行動を丸裸にすることができます。休日出勤だ、残業だといっていたのに、その時間に繁華街にでかけていたり、取引先と銀座で会食、と言っていたのに別の場所に移動していたり…これで、旦那の浮気をすぐに見破ることができます。

また、カーナビの検索履歴なども、非常に重要なポイントです。こちらをチェックすれば、旦那がどこに行ったのかがひと目で分かります。わすれずにチェックしておきましょう。

盗聴器・ボイスレコーダーから旦那の浮気の証拠を得る

盗聴器やボイスレコーダーも、いまは数千円で高性能なものが通販で購入できます。家や車に仕掛けておけば、夫が自分が留守の際に浮気相手を自宅に招いたり、車で同乗して出かけたりした場合の会話を全て把握することができます。

これにより、旦那の浮気の実態を知ることができます。

まとめ

以上、旦那の浮気の証拠の獲得方法をご紹介しました。

最後にお忘れにならないようにしていただきたいのが、自分で得ることのできる浮気の証拠では、離婚や慰謝料請求などを調停・裁判で争うことになった時に、確実に浮気を認めさせることができないという点です。心苦しい点ではあるのですが、裁判の判例上、物的証拠として、ラブホテル等にふたりで入る写真や動画が必ず必要になります。

そのため、離婚や慰謝料請求をお考えの場合は、必ず探偵に浮気調査を依頼し、言い逃れの出来無い証拠を撮ってもらいましょう。その際、複数社に見積もりをとってもらうことをおすすめします。

探偵の浮気調査の費用は、調査会社によって、数十万円もの差が生まれます。そのため、複数社に見積もりをとって、リーズナブルかつ信頼できる調査会社をみつけましょう。

旦那の浮気の証拠を確実につかむ5つの方法

入力は最短1分で完了します。結果は10分ほどでお届けします。